ヘアオイルの本当の目的と使い方♡

スポンサーリンク

乾かす前のトリートメント剤として今では当たり前となった「ヘアオイル」

ツヤが出たり、指通りが良くなったりしますよね。

しかし、本当の目的を知っている方は少ないのではないでしょうか?

今回は「ヘアオイルの本当の目的と使い方♡」をテーマにして、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、ヘアオイルについて解説してみたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

【ヘアオイルの本当の目的とは?】

・一番の目的は保湿!

ヘアオイルの一番の目的は、「保湿」です。

指通りやツヤ、ドライヤーやアイロンの熱から髪を守る目的もありますが一番は保湿。

これはお肌を参考に説明すると分かりやすいのですが、お肌の場合、化粧水だけだといくらたっぷり付けても乾燥します。

化粧水の後に乳液タイプの物を使用することで化粧水の水分を保湿してくれます。

これと一緒。

要は、お風呂でシャンプーやトリートメントをして水分、栄養分を髪に含ませても、オイルを使ったときと使わなかったときの仕上がりが全然違います。

オイルを使うことで、内部に浸透した水分などをなるべくキープしながら、乾かすことは出来ます。

オイルが無いと、場合によっては髪の内部までしっかり乾きすぎて過乾燥の状態になってしまいます。

過乾燥になると、髪の硬さや、パサパサ感も出ますので、仕上がりに大きな差が出ます。

多くの美容師さんは説明する時に、「熱から髪を守る」とか「ツヤが出やすい」などをメインに説明すると思うのですが、実際はこの「保湿」がメインの目的となります。

保湿しているから、髪が滑らかに見えるし、ツヤも出るし、仕上がりに柔らかさを感じます。

もちろん、熱から髪を守るので、同じようなことですが、内部の水分を保つ目的でオイルを使っているのです。

・もちろんツヤも段違い

もちろんツヤもかなり出やすくなります。

元々髪の毛は、キューティクルとキューティクルの間に油分があり、これが天使の輪を作っています。

しかし、カラーリングやパーマでキューティクルが損傷してくるとキューティクルが傷つけられて、同時に油分も失います。

なので、失った油分を補うためにヘアオイルを使っていると言うことです。

さらには、最近のオイルはヘアアイロンのような「熱を加える」ことで、よりツヤが出やすいようになっているので、ツヤを出したい場合は、ぜひオイルを使って乾かした後にヘアアイロンを使ってスタイリングすることをおススメします。

【ヘアオイルの使い方♡】

使い方は超簡単です。

2、3プッシュを手に取り、髪に馴染ませる。

これだけ。

ただし、ここでポイント!

オイルを髪に手で馴染ませるだけでなく、クシを使って馴染ませることがポイントになります。

クシで2分ほど馴染ませるように梳かす。

これだけでかなり違ってきます。

指よりも、クシの方が細かいので、より髪の毛1本1本に行き渡るイメージです。

可能なら2分ほど馴染ませるように優しく繰り返して梳かす。

たったこれだけですが、本当にかなり違ってきます。

ぜひ騙されたと思って試してみてください。

またオイルとは別の話になりますが、そもそも乾かす前にクシで梳かすだけでも、髪の毛が整ってキレイになってきます。

これは生活習慣が髪の毛に及ぼす影響とも言えます。

ですのでせっかくオイルを使うのであれば、梳かすようにするとオイルも馴染むし、髪の毛も落ち着いてくるしいいことだらけですね♡

【ヘアオイルまとめ】美容師おススメの使い方や効果まで完璧解説♡メンズにも使えるヘアオイル!

【ヘアオイルの注意点!】

そんなオイルにも注意点があります。

・頭皮に付けない

当たり前ですよね。

頭皮専用のオイルであれば構いませんが、ヘアオイルですので頭皮ではなく髪の毛に使うようにしましょう。

頭皮に使うことを繰り返すと、頭皮に湿疹が出来たり、ニキビの用な出来物が出来たりします。

いくら香りが良くても、いくらツヤが出やすくても頭皮はダメです。

・付けすぎ注意!

もちろん付けすぎも注意です。

4プッシュも5プッシュもいりません。

3プッシュ程度にしておきましょう。

大抵のオイルには「シリコン」と言って「シリコンオイル」が使われています。

付けすぎを繰り返していると、シャンプーで落とし切れずに髪に残留し、パーマやカラーの妨げになることもあります。

もちろん髪の毛が多くて、オイルの量を使う方は良いのですが、むやみやたらに使うのは避けた方が良いでしょう。

▼おススメ記事▼

・ヘアオイル、美容師のおススメ8選!!

・寝癖の原因と3つの直し方!

【まとめ】

ヘアオイルの一番の目的は保湿です。

髪の内部の水分、栄養分を残すことでキレイな髪の状態を作ります。

使い方のコツは、オイルを使用した後に、クシで良く梳かしてから乾かすことです。

手ぐしよりもクシの方が目が細かいので、髪の毛により馴染むようになります。

せっかくオイルを使うのですから、効果的な使い方で実感してもらえればと思います。

 

今回は「ヘアオイルの本当の目的と使い方♡」をテーマにして解説してみました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

▼おススメ記事▼

・ヘアオイルはクセ毛こそおススメ!使い方次第で髪質が変わる!?

・【デジタルパーマ】スタイリング剤、厳選6商品♡

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です