【メンズ】前髪縮毛矯正の頻度はどれくらいがおススメ?

スポンサーリンク

ウネウネする前髪。

毎朝、憂鬱ですよね。

いっそ前髪だけ縮毛矯正をしたいけど、メンズの場合、前髪の縮毛矯正ってどうなの?

1度やったら、どれくらいの頻度でやるものなのか?

そんな疑問を持っているメンズたちに、今回は「【メンズ】前髪縮毛矯正の頻度はどれくらいがおススメ?」をテーマに。美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、メンズの縮毛矯正に付いて解説していきたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

【メンズ】前髪の縮毛矯正ってどうなの?

今回はこんな感じで解説していきますね。

・メンズの前髪縮毛矯正はどんな人におススメ?

・その頻度はどれくらい?

・前髪がどれくらいの長さがあれば出来るの?

・前髪縮毛矯正のメリット、デメリット

・まとめ

それでは順番に行きたいと思います。

【メンズに前髪の縮毛矯正はどんな人におススメ?】

メンズに前髪縮毛矯正をおススメするポイントは2つあります。

①前髪のくせが特に強くて気になる場合

基本的にメンズの場合は、ヘアスタイル自体が短いことがほとんどですが、前髪を下ろす場合は前髪部分がやや長めになります。

元々くせ毛の場合、その前髪は特にくせが強いことが多いので、そこだけでもストレートにしておくとスタイリングが非常に楽になります。

②全体の縮毛矯正の合間に

これは普段から縮毛矯正をしている方ですが、全体の縮毛矯正をするスパンと言うのが3ヶ月~4か月あると思います。

メンズのカットは1ヶ月~1.5か月が多いので、間に気になる前髪だけを縮毛矯正する場合も多くあります。

前髪はくせが強い部分でもあるので、1.5ヶ月くらいすると根元が気になってきますからね。そういった場合に前髪だけやることがあります。

▼おススメ記事▼

・美容室は予約なしで行っても大丈夫?心構えと気を付けること。

・ヘアオイルはメンズもおススメ!使い方は簡単で、ツヤ感アップ!

スポンサーリンク

【その頻度はどれくらい?】

前髪の縮毛矯正の頻度は、平均すると4回ほどで、シーズンごとに1回と言った割合になります。3ヶ月に1回の割合ですね。

しかし、多い人だと8回ほどやる場合もあります。この場合は1.5ヶ月くらいに1度かけている計算になります。

多いと髪の毛に負担が大きいかと言えば、大きいですが、今の技術はダメージがそもそも少ないし、自然な仕上がりが求められておりますので、それほど目立ったダメージにはなりません。

昔はね、シャキーンみたいな時がありましたからね。

技術と薬剤の変化である程度柔らかく仕上がるようになりました。

そんなわけで、前髪の縮毛矯正は4回~6回程度が多いです。

【前髪がどれくらいの長さがあれば出来るの?】

よく「短いですけど・・・パーマって出来ますか?」と聞かれることもあります。ロッドより長ければパーマは全然出来ます。

パーマと同じで、アイロンの幅よりも髪の毛が長ければ縮毛矯正が出来ます。

実際アイロンの幅と言うのは3cm程度ですので、たいがいの場合は出来ると思っても大丈夫です。ダメージが酷くなければです。

もちろん長さがあった方がやりやすいことは確かですが、少なくとも5、6センチあれば問題なく出来ますのでぜひご相談下さい。

▼おススメ記事▼

・グレイヘアは男性こそ大注目。メンズのグレイヘア、おススメとケア方法

・フケの原因は?対策を知りたい!!

・白髪に悩む20代の男性必見!その原因と対策は?

【前髪縮毛矯正のメリット、デメリットはある?】

何にでもメリット、デメリットがあるものです。

もちろん縮毛矯正にもあります。解説していきましょう。

前髪縮毛矯正のメリット

①ストレートになる

これは当たり前ですね。そのためにやってますからね。

間違いなくストレートになります。

②スタイリングが楽になる

朝のスタイリングが非常に変わります。

くせ毛ってスタイリングにホントに時間がかかるものです。

しかし、余程の寝ぐせじゃない限りは、夜に乾かした時点と同じようにストレートの状態をキープしてくれます。

朝の時間の無い時に、ドライヤーを頑張ったりする必要が無くなります。

特に雨の日や、スポーツで汗をかいたときも問題なくストレートなので嬉しくなりますね!

 

③シャープに見える

ホントです!顔がシャープに見えます。

前髪や顔周りがストレートになるだけで、顔がシャープに見えるのです。

これは髪の毛が縦のラインを作りますので、シャープに見せてくれます。反対にくせのままだと、ややぼやけた印象になります。

前髪縮毛矯正のデメリット

①繰り返し行う

根元が伸びたら、地毛のくせ毛とストレートとのギャップがあるのでまた縮毛矯正をすることになります。

時間もお金も繰り返しかかることになります。

地毛に戻したい時は、伸びるのを待つことになるので、辛抱が必要です。

②パーマをかけれない

縮毛矯正とパーマは相性が非常に悪いです・・・

薬剤の性質が違うので、基本的には縮毛矯正の後にパーマはうまく行きません。

絶対にやめておきましょう。

なのでくせ毛で困っていない限りは無理に前髪の縮毛矯正はおススメしません。

まあ、基本的にはくせ毛で困っているから、縮毛矯正をするわけで、パーマはかけないのかな。

③不自然になる可能性

縮毛矯正はどんなくせ毛も基本的にはストレートにします。

前髪だけの縮毛矯正の場合、その他全体の毛質と前髪の毛質が違い過ぎると不自然になります。

前髪だけでスタイルを決めるのではなく、全体のバランスを見て、前髪だけにするのか、全体にするのか、くせ毛を活かすのか美容師さんと相談しましょう!

▼おススメ記事▼

・白髪は食べ物で減るのか?ゴマは白髪対策に効果的!?

・髪質改善とは?シャンプーの方法を変えるだけで効果あり!?

【まとめ】

前髪の縮毛矯正の疑問は解決できましたでしょうか。

多くの方の頻度は1年間で4回から6回ほどです。

やはり朝のスタイリングの時間がかからなくなること、雨や運動で汗をかいても、ストレートの状態で収まってくれることが、大きな特徴なのではないでしょうか。非常に楽になりますからね。

しかし、前髪だけでなく、全体とのバランスで縮毛矯正をやるかどうか、範囲をどうするかを決めるのがおススメです。

信頼できる美容師さんにぜひ相談して、自分に合ったヘアスタイルを楽しんでくださいね!

今回は「【メンズ】前髪縮毛矯正の頻度はどれくらいがおススメ?」をテーマにして解説していきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

▼おススメ記事▼

・タオルドライ後にワックスでセット!ドライヤー前のスタイリングにポイントが!?

・アルコールが髪に与える影響とは?薄毛や抜け毛の原因も!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です