縮毛矯正は雨の日でも大丈夫!?かけるとかけないじゃこんなに違う! 

スポンサーリンク

梅雨時期になると、「縮毛矯正」が増えてきます。

もちろんすでに何度かやったことがある方でしたら、ご存じかと思います。

今回は「縮毛矯正は雨の日でも大丈夫!?かけるとかけないじゃこんなに違う!」をテーマにして、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、縮毛矯正のすごさと気になることについて解説してみたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

【縮毛矯正は雨の日でも大丈夫!?】

もちろん縮毛矯正をした場合、雨の日でも大丈夫です。

雨に濡れて広がることも無いし、クセが戻ることもありません。

ご安心ください。

クセで悩んでいる方は、1度はやってみた方が良いでしょう。

ただし、雨に濡れるとペタッとしますし、湿度が高いと多少なりともモワッとすることはあります。

これは、髪の毛とはそういうものなので自然な現象だと思ってください。

あくまでもクセで膨らんだり、クセが戻ったりすることはありません。

もし、クセが戻るようでしたら、施術自体が甘く失敗の可能性があるので、担当してもらった美容師さんに相談するのが良いと思います。

・雨の日に縮毛矯正をしても大丈夫か?

また、雨の日に縮毛矯正をしても大丈夫ですか?と言う質問をお受けすることもあるのですが、全く問題ありません。

どちらにしても雨に影響を受けることはありません。

基本的に美容室の薬剤を使うメニューは、雨とは比較にならないくらいの、強さをコントロールして施術しております。

ですので、雨だろうがカミナリだろうが関係ありませんので、もし予約をした日に雨が降ってしまってもご心配なく。

しっかりとストレートになります。

スポンサーリンク

【当日シャンプーして良いの?】

帰ってからシャンプーしても大丈夫です。

問題ありません。

縮毛矯正は薬剤によって、髪の毛内部の繋がりを、離したり、ストレートにしたり、固定したりします。

これはカラーリングでも同じことが言えますが、以前は自然酸化と言って、施術後に空気中の酸素によって酸化し固定すると思われておりましたが、今は違っております。

髪の毛は乾いた状態で、薬剤上の酸化や還元は行われません。

もちろん更に薬剤を付けたのなら、別ですが、通常のシャンプーで縮毛矯正が戻ることはありません。

もし1度のシャンプーで戻るならそもそもその縮毛矯正は失敗です。

薬剤上の失敗ですのでやり直してもらうように相談しましょう。

ですので、「当日でもシャンプーは大丈夫」が、正解です。

▼おススメ記事▼

・白髪染め後のシャンプーは当日でも大丈夫?色落ちは平気?

【気を付けることは?】

もちろん「気を付けること」ならあります。

①しっかり真っすぐに乾かす

当日にシャンプーするのは問題ありませんが、濡れたまま寝るとクセが付きます。

毎日、寝ぐせが付きやすい状態(濡れた状態)で寝ると、もちろん毎日のことですので、そのクセが付きます。

シャンプーがどうこうではなく、人の髪の毛はクセが付きやすいものなのです。

もちろん、寝グセは「水素結合」と言って、濡らせば治りますが、毎日クセが付きやすい状態で寝ていては、徐々にクセが付いてきます。

出来るだけ寝る前には、しっかりと真っすぐ乾かすことが重要です。

もちろん縮毛矯正をしていれば、乾かすだけで真っすぐなりますので、そこまでの手間ではありませんので、めんどくさがらずに乾かしてくださいね♡

②なるべく結ばない

寝グセと同様に、髪を結ぶクセも付きます。

縮毛矯正をすれば何でも大丈夫なわけではありません(笑)

通常よりもクセは付きにくくはなりますが、何度もやっているうちに結びグセは付きます。

縮毛矯正は時間も料金もかかることですので、せっかくなので、どうしても結ばなくてはいけない場合以外は下ろしておいた方が良いですよ。

勿体ないので!

③なるべく耳にかけない

同じく耳にかけていると、かけグセが付きます。

女性の多くは耳にかけるクセがあると思いますが、これもかけグセが付くことは覚えておくと良いでしょう。

 

ちなみに!

耳にかけて出来たクセや、結びグセなどは、通常のくせ毛のくせとは違うので、縮毛矯正をしたからと言って伸びるとは限りません。

結構、重要なことです。

縮毛矯正では結びグセや耳かけグセは伸びません。

これは意外と盲点なので、覚えておいてください。

寝グセと、くせ毛と、結びグセは髪の内部の構造が違います。

縮毛矯正で伸びるのはくせ毛のくせです。

【カラーリングと一緒でも良いのか?】

縮毛矯正とカラーリングを一緒にしても良いです。

その場合、縮毛矯正を先にやり、後からカラーリングとなります。

縮毛矯正剤は以前は、「医薬部外品」しかありませんでしたが、今は「化粧品類」がありますので、薬事法上も問題はありません。

ただし、シャンプーと違って、直後のカラーリングは縮毛矯正に多少なりとも影響がありますので、出来るなら別の日の方が良いでしょう。

▼おススメ記事▼

・縮毛矯正とカラーは同時に出来るの?順番はどっちが先?

【まとめ】

縮毛矯正をすると雨の日でも、問題なくストレートのサラサラがキープできます。

また雨の日に縮毛矯正を美容室でしても全く問題ありませんので、予約した日が雨でも気にする事は無いです。

縮毛矯正後に気を付けることとしては、「しっかり乾かす」「結びグセ、耳かけグセに気を付ける」ことが大切です。

髪の毛のくせと、結びグセなどは性質が違うので出来るだけ避けた方が良いです。

またカラーリングと同じ日でも大丈夫ですが、薬剤の反応が甘くなることもありますので、分けれる場合は別の日にするのがおススメです。

 

今回は「縮毛矯正は雨の日でも大丈夫!?かけるとかけないじゃこんなに違う!」をテーマにして解説していきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

▼おススメ記事▼

・【これで納得!】くせ毛の原因はこれだった!?

・ヘアオイル、美容師のおススメ8選!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です