ノンシリコンシャンプーって、結局なに?

スポンサーリンク

最近耳にするノンシリコンシャンプー。

ドラッグストアでもコーナーになってて何だか人気ですよね。

 

しかし、ノンシリコンシャンプーは髪がキシキシするなどの声も聞かれるのが事実です。

ではノンシリコンシャンプーとはいったいどのようなシャンプーなのでしょうか。

 

今回は「ノンシリコンシャンプーって、結局なに?」をテーマに、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、ノンシリコンシャンプーについて分かりやすく解説していきたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

 

【ノンシリコンシャンプーの定義とは?】

そもそもシリコンってどんなもの?

「ノンシリコンとは?結局良いの?悪いの?」

(※シリコンについて詳しく解説しております。)

 

シリコンとは、市販で売られているシャンプーやトリートメントに入っている成分で、シリコンオイルとして配合されております。

市販の物にはほとんどの商品に配合されております。

髪の指通りを良くしてくれたり、傷んだ髪の表面をコーティングしてくれて、枝毛や切れ毛を予防してくれる効果も期待できます。

 

【ノンシリコンシャンプーとはなに?】

ノンシリコンシャンプーとは、先ほど説明した「シリコン」の成分が含まれていないシャンプーのことをさします。

簡単ですよね。

シリコン自体はアレルギーなどの心配も少なく安全な成分ですのでご安心ください。

ですので、ノンシリコンは安全と言うことではありません。

ここは勘違いの無いように。

 

【ノンシリコンシャンプーを使うとキシキシするのはなぜ?】

では、「ノンシリコンシャンプーを使うと髪がキシキシする」のはなぜでしょうか?

これは先ほど触れておりますが、シリコンはシリコンオイルとして配合されており、オイルですので潤滑油の役割もあります。

 

今までは、傷んでいて本来は引っかかるような状態の髪の毛でも、シリコンオイルで髪をコーティングされていたので洗ったあとのなめらかさを感じていたと言う訳です。

実際にシャンプーを手の平にとって指で触ってみてもシリコンオイルを配合しているシャンプーの方が手がヌルヌルすると思います。

反対にノンシリコンシャンプーはすっきりと流せるはずです。

 

【ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットは?】

では、具体的なメリット、デメリットはどんなのがあるのでしょうか?

・メリット

ノンシリコンシャンプーを使っていると、徐々に髪の毛、頭皮の両方とも素の状態になります。

シリコンオイルは髪や頭皮に付着しますので、コーティングしている状態になります。

オイルですので、シャンプーのたびにすべてキレイに洗い流せるものではなく、少しずつ溜まっていくのです。

 

これは、髪の毛が化粧している状態で本来の姿ではありません。

ですので、人によっては頭皮や肌に出来物が出来ることもあり、ノンシリコンにすることによって余計なコーティングが取れて、頭皮トラブルが減ることもあります。

 

髪の毛も素の状態になりますので、自分の髪の毛が本来、どの程度のダメージなのかの現状を知ることが出来ます。

知ることによって、ダメージに対しての意識も高まるとことでしょう。

 

・デメリット

素に戻してくれて髪に優しいけど、髪を修復させる力はありません。

ダメージしている場合は、ただむき出しの状態になります。

 

ノンシリコンシャンプーは、無駄な成分を残さないと言う意味では、髪や頭皮に優しいシャンプーではありますが、ダメージを修復するわけではございません。

あくまでも素の状態にしてくれるだけです。

髪をコーティングする作用がないため、傷んだ髪に使うと、引っかかるし、もちろん乾燥もしやすくなります

ツヤも出にくくなり、引っかかりますので、スタイリングも大変になることでしょう。

紫外線やドライヤーなど、外からの刺激が直接髪に届いてしまい、さらに悪化させるというケースもあります。

スポンサーリンク

【ノンシリコンシャンプーが合う頭皮や髪質】

ではどういった場合にノンシリコンシャンプーはおススメなのでしょうか?

・髪全体のボリュームが少ない人に効果的

髪の毛が細い方、ボリュームが欲しい方に向いております。

先ほど説明している通り、シリコンオイルが少しずつ残ることによってしっとりしますが、ボリュームダウンします。

髪の毛が細い方は、ふわっとボリュームが欲しいので、スッキリしたシャンプーのノンシリコンシャンプーが向いております。

 

ただし、ドライヤーや紫外線、カラーリング、パーマによって既にダメージがあり、引っ掛かりが気になっている場合は調整が必要です。

 

・頭皮がベタベタしやすい方

元々、脂性でベタっとなりやすい方、頭皮にニキビや痒みなどのトラブルがある方はノンシリコンシャンプーが良いでしょう。

脂性の方は自分の皮脂が出やすいので、肌に付着しやすいシリコン入りのシャンプーを使うことにより、余計にベタベタしやすくなります。

 

また、ノンシリコンシャンプーは、頭皮トラブルが少なくなるのが特徴です。

シリコンはシリコンオイルですので、通常のシャンプーでは中々落とし切れません。

徐々に溜まっていきますので、ニキビや痒みなどの頭皮トラブルが起きやすくなります。

最近、どうもおかしいなと言う場合は、シャンプーを変えてみて様子を見るのも方法の一つです。

 

【パーマやカラーにも効果あり!?】

実はパーマやカラーにも影響があるのです。

シリコン入りのシャンプーを使い続けていると、髪の毛がコーティングされてパーマやカラーの薬剤の浸透を妨げることがあります。

ノンシリコンシャンプーを使っている方は髪のコーティングがされていない分、浸透も通常通りで美容師側も計算しやすいです。

パーマやカラーをする方は、そのあたりも覚えておくと良いでしょう。

 

また、育毛剤などを頻繁に使う人も早く効果が出るかもしれません。

シリコンオイルが少しづつ残って、頭皮も覆っていきますので、育毛剤の浸透も妨げている場合があります。

折角、気になって使っている物なのに、その効果が薄れているとしたら?

ショックですよね。

自分ではしっかりとシャンプーして、マッサージしたり、大切に扱っているのに、実は使っていたものが逆効果とならないように注意したいものです。

ノンシリコンシャンプーは、髪全体を軽くしてくれるのでボリュームを出すのにも向いていますので、育毛剤などを使っている方はノンシリコンシャンプーがおススメです。

【ノンシリコンシャンプーが合わない頭皮や髪質】

・髪の毛のクセが強い方

クセが強い方の特徴として挙げられるのが、「乾燥しやすい」、「枝毛になりやすい」この2つがあると思います。

クセ毛の方の髪の構造上、どうしてもこの2つは避けて通れません。。。

ですのでシリコンオイルのような、油分の調整が必要になります。

シリコンオイルによって、表面をコーティングすることにより、乾燥を防ぎ、毛先が枝毛になりやすい状況を防いでくれます。

 

・髪の量が多い方

ノンシリコンシャンプーを使っていると、髪の毛が素の状態になり、だんだんとふわっとした仕上がりになってきます。

そうすると、元から髪の毛が多い人は、さらに広がってしまう可能性があります。

やはりこの場合も油分によってしっとり滑らかな仕上がりにする必要がありますので、ノンシリコンよりもシリコン入りの方が合います。

 

髪が傷みすぎている方

髪の毛のダメージが大きい方はノンシリコンはひとまず避けましょう。

あきらかに髪がちりちりとなっていたり、傷みすぎているという人は髪をコーティングしてくれるシリコンシャンプーの方がいいかもしれません。

シャンプーのあとダメージがむき出しになり、引っかかります。

まずはダメージが落ち着くのを待つか、ダメージ部分をばっさりとカットしてからノンシリコンに変えてみましょう♡

 

【ノンシリコンシャンプーの正しい使い方をご紹介】

シャンプーをつける前にしっかりとお湯で髪の毛についたほこりなどの汚れを洗い流しましょう。

髪の汚れの80%はお湯で落ちると言われております。

しっかり流すことにより、シャンプーの泡立ちも変わってきますので、まずは良く流すようにしましょう。

 

その後、手でしっかりと泡立て指の腹で優しくマッサージするように頭皮を洗っていきます。

特にノンシリコンシャンプーの場合は、髪の毛を洗おうとすると、きしみに繋がりますので、決して髪の毛を擦ったりせずに指で通すように心がけましょう。

徐々にシリコンオイルが落ちて行って、素の状態になるようにしないと、今までと違い引っかかっていしまい嫌になると思います。

あくまでも頭皮を優しく洗って、髪の毛は泡を通すだけです。

最後にしっかりとすすぎ、終了です。

「髪質改善とは?シャンプーの方法を変えるだけで効果あり!?」

「湯シャンとは?効果はあるの?やり方が知りたい!」

 

その後トリートメントですが、せっかくシャンプーを正しくしても、トリートメントが台無しだと意味がありません。

トリートメントを付けるのは、髪の毛の中間から毛先だけです。

間違っても頭皮やトップの髪の毛に付けないようにしてください。

「髪質改善に効果あり?毎日のトリートメントで差がつく方法!」

 

髪の毛は大切に扱う心が表れます。

雑に扱えば痛むし、丁寧に扱えばツヤが出ます。

 

【シャンプーの選び方】

結局どんなシャンプーを選べばよいか迷いますよね。

私は美容師ですので、美容室のシャンプーが一番良いと思っております。

元も子もないと思うかもしれませんが、シリコンを使っているか、使っていないかのそれだけで判断するのは違うからです。

 

初めに伝えておりますが、シリコンオイルは決して悪ではありません。

あくまでも今まで述べたような性質があると言うことです。

シリコンを使っているシャンプーを使う場合は、その配合量の問題であって、シリコン自体の問題ではありません。

 

料理をするときに、塩の入れ過ぎはダメですが、塩が悪いわけではないのと似ております。

必要な料理に、必要な塩加減が大事なのです。

その結果、美味しい料理が出来ますので、髪の毛も必要であればシリコンは入っている方が良いし、そのシリコンの配合量は加減が大切だと言うことです。

 

ただし、美容室のシャンプーは洗浄成分が良いです。

簡単に言うと高価な分、優しいです。

優しいので、シリコンが入っていなくても、きしみません。

 

もし本当に悩んでいて、髪の毛を大切にしたい場合は、美容師さんと相談して選ぶと良いと思います。

市販品に関しては、最終的には使ってみて判断するしかありません。

配合量までは、成分表示を見ても分かりませんからね。

 

自分の髪の毛の特徴を知ることからはじめ、自分に合ったシャンプーが見つかることを祈っております。

美しい髪の毛を手に入れましょう♡

 

今回は「ノンシリコンシャンプーって、結局なに?」をテーマに解説していきました。

最後までありがとうございました。

▼おススメ記事▼

・産後の抜け毛はいつまで続くの?対策は何かある?

・産後に髪のうねり!くせ毛は治るの?

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です