【カラーバター】白髪染めや黒髪にも使える?

スポンサーリンク

トリートメントをしながら、カラーが出来ると評判のカラーバター

それなら、白髪染めにも使ってみたい!と思う方もいますよね。

白髪染めを繰り返しているとパサつきなどのダメージが気になりますからね。

 

今回は「【カラーバター】白髪染めや黒髪にも使える?」をテーマにして、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、カラーバターが白髪染めに使えるのか?また、黒髪に使った場合どうなのか?を解説していきたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

【カラーバターは白髪染めに使えるのか?】

結論から申し上げますと、

「カラーバターは白髪染めには使えません」

えっ?

あんなに鮮やかに染まるのに?

と思う方もいると思いますが、事実、使えないのです・・・。

ちなみに「カラーバターって何?」と言う方はこちら↓

【カラーバターとは?】使い方や色落ちはどうなの?ブリーチなしでも大丈夫?

白髪と言うのは、健康なんです。

ここがポイントです。

「白髪は健康」

そうです。カラーバターと言うのは、ダメージしている髪の毛に使えるもので、健康な髪の毛に使っても染まりません。

正確に言うと、何となく色づきますが、直ぐに落ちます。

また、白髪に使ってもトリートメント効果があるので、全く効果が無いわけではないですが、少なくとも「染まる」ことはありません。

もし使った場合、全くカラーリングをしたことが無い方のヘアでしたら、何となく色づく程度で済みますが、万が一、過去にカラーリングをしている方でしたら、その部分はダメージしているわけですので、肝心な根元は染まらないのに途中から色が濃く染まることになります。

結果として、基本的には白髪を染めたい方は、根元の伸びてきた部分をカバーしたいはずですので、カラーバターは白髪染めには向いていないと言うことになります。

▼おススメ記事▼

・白髪が生えてくる時にかゆいのはなぜ?抑えることは出来るの? 

・白髪は治るのか?そのコツはあるの? 

・グレイヘアとは?50代からの上手な付き合い方。 

【カラーバターは黒髪に使ったらどうなのか?】

ちなみにカラーバターを黒髪に使ってみたい!と言う方もいらっしゃると思います。

しかし、やはりカラーと言う意味では、

意味がありません。

もちろんトリートメントの効果はあります。

しかし、トリートメントの効果を狙ってカラーバターを使うのであれば、もったいありません。普通にトリートメントをしましょう。

▼関連記事▼

・ヘアマニキュアは黒髪に使えるのか?

・明るい白髪染めは出来る?おしゃれ染めでもちゃんと染まる!?白髪染めを明るく染めるには? 

もちろん、ダメージ毛にカラーバターは使えますので、1度明るく染めて、黒くした髪の毛には使えますが、そんなめんどくさいことをする人はいるのでしょうか?

一応、説明しますと、使えるし染まりますが、「黒」が強いので、染まった色が目立ちません。

そりゃそうだな。

「黒」は色の中で1番強い色なので、その色にいくら重ねても黒が勝ちます。

なので、結局は使う意味はありませんので、トリートメント効果を期待している場合は、やはり普通にトリートメントをしましょう。

怖いもの見たさでやりたい方は多いに実験してみるのも良いと思います。

でも「黒」は強いですよ!

【白髪染めに使うとしたら!】

ではカラーバターが使えないのは分かったけど、トリートメント効果を狙って白髪染めをしたい場合はどうするかと言うと・・・?

ちゃんと白髪染め用のカラートリートメントがありますので、そちらをご利用ください!

色の種類もブラウン~ブラックまであるし、アッシュ系の物もあります。

ちなみにアッシュ系の物がこれ↓

・ホーユー レセGX カラーリンス 白髪染め 160g 

・ホーユー レセGX カラーリンス 白髪染め 160g

こちらはお店で売っているカラーリンスの市販タイプです。

美容室専売品と比べると内容量と色味の濃さが違いますが、ブラウンやダークブラウンと違って、アッシュ系でグレー系のカラーリンスとなりますので、女性だけではなく、男性にもおススメです。

また、白髪染めを止めてそろそろ「グレーヘア」にしていきたいと言う方も、ブラウン系のカラーリンスよりも、グレー系のカラーリンスの方が白髪との馴染みが良いので、こちらの商品がおススメとなります。

その他のおおすすめのカラートリートメントはこちらから↓

白髪染めトリートメントの効果や口コミは?市販のおススメ商品は何?

ちなみに、これらの注意点としては!

白髪も染まるように作っていますので、手も染まりやすいです。

カラーバターの場合は手に付いても、頭皮に付いてもわりかし取れやすかったですが、カラートリートメントは染まりやすいように作られていますので、ご注意ください。

【まとめ】

カラーバターは健康な髪の毛よりもダメージした髪の毛に有効なカラートリートメントです。

ですので、根元が伸びて気になってきた場合などは、白髪に使っても効果ありません。

また黒髪も同様で、健康な髪の毛には染まりにくいものですし、黒と言う色は強い色味ですから、その上から色を重ねても意味がありません。

カラーバターはダメージ毛に有効だと言うことを覚えておくと良いですね。

その他、白髪を染めたい場合は専用のカラートリートメントがありますのでそちらをおススメいたします。

今回は「【カラーバター】白髪染めや黒髪にも使える?」をテーマにして解説していきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

▼おススメ記事▼

グレイヘアへの移行期間はどれくらい?おススメのヘアスタイルは?

白髪染めはいつから?おしゃれ染めとの違いは何?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です