【美容室の服装】現役美容師が伝えるOK、NGな服装♡

スポンサーリンク

美容室に行くときに服装に迷うことありませんか?

特に美容室に行くだけだと・・・何だか普段着で行くわけにも行かないし・・・どうしよう。

何てことになりますよね。

ましてや町中にある場合は、余計に気を使うものです。

 

そこで今回は、「【美容室の服装】現役美容師が伝えるOK、NGな服装♡」をテーマにして、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、美容室に行く場合の服装についてちょっとだけ解説してみたいと思います。(笑)

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

【OK♡助かる服装】

早速ですが、「助かる服装」と言いますか、勝手な美容師側の意見で、「作業しやすい服装」と言うことになります。

・首回りがスッキリ

どうしても、まず第一に「首回りがスッキリ」はマストですよね。

美容室の場合、クロスの前にタオルを首に巻きます。

この時にTシャツやシャツのように首回りがスッキリしていると、タオルがスッキリと巻くことが出来て作業しやすいのです。

 

・暗めの服装

出来れば暗い色の服装が嬉しいです。

どういうこと?となるかもしれませんが、白い服装は実は緊張します。

もし、万が一でも、「カラー剤が飛んでしまったら・・・」とか「シャンプー中に濡らしてしまったら・・・」と言うことも無きにしも非ずです。

勝手な意見でごめんなさいですが、絶対に汚れない保証もありません。

もちろんクロスはしてますが、袖や足元にカラー剤が飛んでしまったら染まってしまいます。

カラーリングを流している時に、もし襟を濡らしてしまったら・・・となります。

パーマ液でも同じで、パーマ液は化学成分ですので、もし垂らしてしまい、洋服と反応してしまったらとも考えてしまうものなのです。

ですので、暗めの服装だと、少し安心します。

▼おススメ記事▼

・【髪質改善まとめ】シャンプーやトリートメントの方法♡食べ物までこれを見れば完璧♡

・【ヘアマニキュアまとめ】白髪染めにおすすめ!赤や青い髪にも出来る♡黒髪に使えるの?

スポンサーリンク

【NG×困る服装】

何を着て来ても良いのですが、もし困るのってありますか?と言う質問があればこう答えます。

・フード付きのパーカー

 

女性はあまり多くありませんが、若い男性やクラブ系の趣味の方々の場合、パーカーファッションが多いです。

しかも厚手のパーカー。

フードがね。邪魔になるんですよ。

タオルがだぶついてしまって、クロスまでだぶついてしまいます。

首元がだぶついていると、うまく切れないこともあります。

自然に梳かしてカットしたいのですが、ロングヘアでもフードでだぶついて歪みが出て難しくなります。

また肩から上のボブ~ショートスタイルの場合は、フードのふくらみが髪の毛にかかってしまう場合もあり、キレイなカットラインが出にくい場合もあります。

・ハイネック

冬場は多くなるハイネック。

中に着ている、薄手の物でしたら全然気になりません。

が、厚手のニットハイネックは、中に折ろうにも厚さは変わらずで、こちらも首回りがだぶつきます。

寒いのも分かるし、オシャレなのも分かるのですが、なぜ今日に限ってこれなんだ。。。と少し思ったりします。

フードと同じようにカットが難しくなるのですが、それ以外でもシャンプーの時に厚すぎると、首がキュッと閉まらずにお湯が垂れやすかったりするのです。

・白い高価な服装

これは汚れる場合があるからですね。

先ほども触れておりますが、色々と薬剤を使います。

本来は美容師側が気を付けることですが、どうしてもクロスから袖が出てしまったり、足元が出たり、首を濡らしてしったりと、色々なシチュエーションがあります。

カラー剤などは「はねる」こともあり、こちらが染めていなくても、周りの方のカラー剤がイスなどについてる場合もあります。

そこに知らずに座わると染まる・・・こともあります。

こちらも細心の注意はしておりますが、もし可能であれば、白いものは避けてもらえると助かります。割と本音です。

▼おススメ記事▼

・ヘッドスパの6つの効果を美容師が解説♡

・白髪染めまとめ!おしゃれ染めとの違いから、市販のおススメまで!

スポンサーリンク

【アクセサリー系】

基本的に高価なもの外していただきます。

それ以外ですとアクセサリーの場合は外せば良いものですが、外すのがめんどくさい方のために。

・大きなピアス

可愛いですが、もちろん外してもらいます。

耳回りはカットの時にも、カラーの時にも邪魔になります。

外すのが面倒じゃなければ問題ないです。

・数珠のようなネックレス

数珠と言うか、丸い球上のものや、小石のようなものが連なったネックレスですね。

存在感がものだと、タオルをするときに意外と邪魔になります。

またマッサージの時も壊してはいけないと気になってしまいます。

ピアスや細めのネックレスと違い、邪魔にならないようで意外と邪魔になっているパターンですね。

・鋲(びょう)付きのもの

色々と心配になります。

お尻や財布に鋲が付いている場合、座った時にイスに穴が開いてしまわないかとか、どこかにひっかけて傷つけてしまわないかとか色々と。

ロック系の方になるのですが、鋲の鋭いものは控えてもらうか、すすんで外してもらえると嬉しいです。

・基本的には好きな服装でOK♡

しかし、基本的には好きな服を着て、好きなアクセサリーを付けて大丈夫です。

その方が、どんな趣味があって、どんなことに興味があって、と言うことも分かりますので、ヘアスタイルを考えるのの参考になりますのでご安心ください。

全て、「もし希望があれば」と言うくらいですのです。

首回りも対処の方法はあるし、アクセサリーは外してもらえれば問題ありませんので。

やはり、高価な白いものだけ注意してもらえると非常に助かります。

▼おススメ記事▼

・【縮毛矯正まとめ】おススメスタイル♡値段や時間もこれを見れば完璧♡

・【メンズ】白髪の悩みまとめ!原因や対策もこれを見れば完璧!

【まとめ】

嬉しい服装は「首回りがスッキリ」「暗めの服装」です。

作業もしやすく、もし汚してしまっても目立ちにくいので助かります。

反対に困る服装は「首元がだぶつく服装」「白い高価な服装」となります。

カットする時もシャンプーの時も首回りがだぶつくと作業しにくくなります。

またどうしても、カラー剤などが飛んでしまったり、シャンプーが垂れてしまったりするので、高価な服装よりも、万が一汚れても大丈夫な服装が助かります。

いずれにしても、初めての時はどんな趣味、好みがあるか知りたいものですので、そのあたりも分かる程度に気を使ってもらえると嬉しいです。

 

今回は「【美容室の服装】現役美容師が伝えるOK、NGな服装♡」をテーマに解説していきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【美容室の予約】電話予約の仕方はポイントを抑えれば大丈夫♡

【ブリーチ髪まとめ】色落ちからダメージ、ブリーチなしで出来る色まで解説!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です