美容師が可愛いと思ったら、どうする・・・?実際に付き合えるのか?

最近は男性でも美容室にいらっしゃるようになりました。

一般的な美容室であれば30%くらいは男性のお客さまではないでしょうか?

もし、そんなあなたの通う美容室にタイプの女性美容師がいたらどうしますか?

今回は「美容師が可愛いと思ったら、どうする・・・?実際に付き合えるのか?」をテーマに、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、実際に女性美容師と付き合うには何がポイントか解説していこうと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

【美容師が可愛いと思ったら、どうする・・・?実際に付き合えるのか?】

実際に美容室を利用している方であればご存じだと思いますが、美容師は可愛いです。

サービス業ではありますが、ファッション業界でもありますので、オシャレに興味があって、自分を可愛く見せることが好きな人が多いです。

ですので、通常の職業に比べて、圧倒的に可愛い人が多いでしょう。

そんな美容師さんが好きになってしまった場合(もしくはタイプだった場合)付き合うことは可能なのでしょうか?

女性美容師と付き合うことは、もちろん可能です。

ではどうしたら良いのでしょうか?

ちなみに私は沢山の女性美容師と付き合ってきました。

みんな可愛いです♡

自慢や嫌味ではなく、大切なのはどうすれば付き合うことが出来るのかと言うところです。

解説していきましょう。

【美容師を知ろう♡】

いきなり勢いで誘っても、美容師に限らずどんな職業でも来る確率は低いでしょう。

そこでまずは美容師をある程度知った方が良いです。

①美容師の一日

am 8:30 出社。掃除や朝礼などをして開店の準備をします。

        アシスタントなどで朝練がある場合はこれよりも速いこともあります。

    10:00 開店 空いた時間でささっと食事。

    20:00 閉店 しばし休憩。

    20:30~23:00 練習会やミーティングなど(週4程度であります)

ご覧の通りで、一日のほとんどの時間が仕事関係です。

時間も無いのでもちろん出会いもありません。

出会いが無いのはこちらとしてはチャンスですが、そもそもの時間があまりなく、何も無いフリーな時間が貴重だと言うことを十分理解しましょう。

また営業中は食事もとれないこともあります。特に週末は高確率。。。

その上、一日立ちっぱなし・・・。

時間だけでなく、仕事の内容もハードです。

休日は基本的に平日ですので、土日休みの場合だと中々合いません。

自分の都合ばかりを考える方には、そもそも向いておりません。

そういったことをあらかじめ理解しておかないと、うまく行くことは無いでしょう。

②美容師の収入

基本的に若い美容師ほどお金がありません。

本来は業界として改善していかなくてはいけないのですが、今の段階ではまだまだそこまで及びません。

以前に比べ、給料や勤務体制など改善されておりますが、一般事務の方々よりも少ないのが現状です。

その給料の中からハサミ代や練習用のウィッグ代、講習代など捻出しなくてはいけないのです。

あくまでも個人の私物、個人の練習ですので自腹です。

また、スタイリストになってからも、売り上げと給料は比例しますので、売り上げが上がるまでは給料も中々上がりません。

そしてスタイリストは洋服などにも出費が嵩むので、貯金やましてや遊びに使う給料はほとんど余りません・・・。

20代後半まではこんな感じです。

実家に暮らしていればまだ余裕がありますが、ほとんどが親元を離れて一人暮らしでしょうから、お金が無いのです。

と言うか、興味の無いこと、余計なことに時間もお金も体力もかけたくありません。

③美容師の性格

素直で頑張り屋です。

先ほども解説している通りで、「時間も無い」「お金も無い」けど美容師を続けているのです。

仕事に一生懸命生きております。

素直で頑張り屋以外の表現が見つかりません。

華やかな世界ですので、もしかしたら外から見ると少し派手な印象や、チャラチャラした印象を持っているのかもしれませんが、いたってまじめな子が多いです。

真剣に夢を追っています。

いい加減に仕事を選んだわけではなく、真剣に覚悟を持って仕事を選んで、上手くなるために一生懸命です。

それ以外の美容師さんは、大抵2、3年で辞めていますので、残っている美容師は真面目な人が多いと思って大丈夫ですよ。

▼おススメ記事▼

・坊主にすると髪質が変わるのはホント?サラサラになる!?

・ヘアオイルはメンズもおススメ!使い方は簡単で、ツヤ感アップ!

スポンサーリンク

【どうやって仲良くなっていくか?】

それでは、そんな美容師を大体把握したところで、具体的にどうして行けば良いのかを解説します。

①定期的に通う

自分を知ってもらいましょう。

頻繁と言っても月に1回程度ですから、負担は少ないでしょう。

どのみち髪を切って貰えばスッキリして清潔感があれば自分の仕事にも好影響でしょうし、その子の売り上げにもなるし、顔なじみになります。

美容師は普段からキレイにしてますので、清潔感がある人が好きです。

もちろん外見が好きな人もいるでしょうけど、真面目な性格ですので、清潔感は大切です。

その上、仲良くなるし、売り上げにもなるし、頻繁に通うことに何もマイナスはありません。

②スタッフとも気さくに話す

結構勇気のいることですよね。

担当でもないのに話しかけるのは・・・。

しかし、受付のいる美容室であれば、受付スタッフから少し話しかけてみましょう。

「今日はよろしくお願いします。」とか、「天気良いね~」でも「雨降りそうだね」でも良いです。

何でも良いのです。

出来れば「こちらこそ~」とか「そうですね~」と簡単に応えれそうなことが良いです。

受付のスタッフがいない場合は、シャンプーしてくれるスタッフでも良いです。

「お願いします」を言うだけでも印象は良くなります。

印象が良い状態で、何か世間話でもすれば良いでしょう。

あまり面識のない場合でも人は

・天気の話

・家族の話

・地域の話

・趣味の話

・最近のニュース

こういった何でもない話をするだけで少しづつ壁が低くなります。

ちょっとした声掛けで、壁が低くなり仲良くなるものです。

間違っても「暇そうだね~」とか「混んでるね~」とか言わないように・・・。

かなり仲良くなっているのなら良いですが、いちいち暇だと言われても困るし、混んでると言われても「すいません」としか言いようがありません。

マイナスの言葉を発せさせないように注意しましょう。

まあ一番は明るく「今日もよろしくお願いします。」が良いですね。

ちなみに、目当ての美容師と話す時も、焦らず、挨拶や天気の話などして会話を徐々にスタートさせましょう。

あくまでも、こちら側からするとお客さまですので、いきなり馴れ馴れしくは出来ません。

お客さまと美容師の関係だと教えております。

③タイプや彼氏がいるのかの確認して誘う!

頻繁に通い、ある程度他のスタッフとも話が出来るようになってくると、もうお店の常連です。

自分がお店に行っても、雰囲気が良いのに気づくと思います。

もちろん目当ての美容師とも仲良くなっていることでしょう。

そこで、そろそろ重要な「彼氏がいるのか」を聞いてみます。

ここまで最低でも4、5回は通いましょう。

出来れば半年、6回ほど通ったあたりで、「美容師さんって忙しいですよね~?遅くまで電気点いてるし。友達とか彼氏とは遊ぶ時間ありますか?」のような感じです。

・ケース1

「中々友達と遊ぶ時間も無いですね~」とか「美容師の友達ばかりですね~」のように、「友達」を出して来たら、彼氏がいる確率が上がります。

この場合、彼氏がいる確率が高いか、気になる人がいます可能性があります。

諦めますか?

どうします?

言っちゃいましょう。

「もし良かったら、今度食事でもいかがですか?」

思いきりましょう。

「時間は合わせますので。」と。

 

・ケース2

いない場合は、まず「彼氏いないんですよ~」から始まり「誰か良い人います?」のように返すでしょう。

さすが接客業です。

どっちか分かりません・・・。

この場合、素直にいったん「そうなんですね~」と返しておきましょう。

いやいや、「誰か良い人います?」まで言わせたら、「良かったら、今度食事でもいかがですか?」と言ってみましょう。

 

結局同じかい!

と言われそうですが、そうです。

美容師は接客業ですので、それなりに返してきます。

探るのも女々しいし、素直に良かったらいかがですか?と聞きましょう。

その方が好印象です。

もしダメなら「実は彼氏がいるんです・・・」とか「今は仕事に集中したい」とか、教えてくれますので心配せずに。

またここで断られても、お客さまとして来て欲しいのは変わりません。

そこも心配せずに♡

④時間と場所選びはどうするか?

定期的に通い、お店の人とも仲良くなり、彼氏もいないようなので、食事に誘うことが出来ました。

さて、いつ行こう?どこに行こう?

「休みの前日」か「練習会の無い日」どちらかです。

出来れば「練習会やミーティングの無い、休みの前日」がベストです。

そうなると、多くの美容室は月曜か、火曜定休ですので、日曜か、月曜の夜になります。

平日休みの人であれば問題ないと思いますが、美容師は忙しいのです。

合わせてください。こちらからは合わせることが出来ません。

ましてや土曜の夜は出掛けたくないです。

練習会があることもあるし、次の日は稼ぎ時の日曜なのでしっかり休息が必要です。

ですので、日曜の夜に出掛けるのはしんどい方は諦めましょう。

それでも明るく会える人がおススメです。

 

そして、場所です。

若い美容師はお金がありません。

私もほぼ全て奢ってきました。

なので、居酒屋で良いです。

高いオシャレなところは、付き合ってからで大丈夫です。

普通の居酒屋じゃないと、奢って貰う方も気が気じゃありません。

出来れば、チェーン店ではなく、普通の居酒屋で良いのですが、少しこだわった料理を出すお店がおススメです。

美容師は社会勉強も必要ですので、「こだわり」を知るのも勉強になります。

そういったお店に連れて行くのも、そのスタッフの為になるでしょう。

「ここのお店は、これが美味しいんだよ」とか「ここは日本酒に合う料理のお店だよ」とか。

少しハードルを上げているかもしれませんが・・・出来れば勉強させてあげてください。

【美容師はキレイ好き!?】

そうは言っても、可愛いし真面目な子がそう簡単に飲みに来るの?と思うでしょう。

もちろん美容師側にも好みはあります。

が、いたってシンプルです。

2点だけ。

①清潔感

くたっとしたシャツや破れたズボン。

似合っていればオシャレで良いですが、無理しなくて良いです。

サイズの合った、白いシャツにジーンズで大丈夫。

自分の身の丈を知っているかどうかですので、無理に着飾らないことが大切です。

オシャレに自信があるなら構いませんが、それが必須ではありません。

シンプルにサイズが合っていれば、後は髪を月に1度カットしていれば問題ありません。

もしオシャレに鈍感だと自分で感じていても、心配せず自信を持って!

②信頼感

明るい。

嘘を言わない。

これだけです。

もちろん会話が面白い人や、頭の回転が速いのは良いですが、美容師をしている人は男性も女性も真面目な人が多いです。

目指すところがあるので、集中して仕事がしたいのです。

自由に遊んでいる時間はありません。

ですので、相手が信頼できる人かどうかを自然と見てしまいます。

自分が時間が無く遊べないからと言って、その辺で遊んでしまうような人かどうか。

接客などで落ち込んでいる時でも、明るく励ましてくれるかどうか。

男性の心の豊かさの見せどころです。

もちろんオシャレだったり、顔が良いのは好印象ですが、接客業をしていると結構見抜いてますよ。

顔が良いだけの薄っぺらか、オシャレで自分大好きなナルシスとか。

少し我慢しなくてはいけないこともありますが、応援してくれる人を探してますよ。

 

大切なのは先ほどの2点です。

まあ美容師に限らずですね。

▼おススメ記事▼

・グレイヘアは男性こそ大注目。メンズのグレイヘア、おススメとケア方法。

・タオルドライ後にワックスでセット!ドライヤー前のスタイリングにポイントが!?

スポンサーリンク

【NGはある?】

①自慢話

疲れます。

と言うか、自慢になってないのです・・・。

私たち美容師は、上手くなりたい一心です。

お客さまに喜んでもらいたい一心です。

なので、下手な自慢話は興味がありません。

実際に自慢なのかどうかも分かりません。

どうせなら、先ほどのお店選びのように、なぜこのお店が人気なのかを教えてもらえる方がよっぽど尊敬します。

②自分の話ばかり

もう聞き飽きました(笑)

普段から接客してますので、聞き飽きております。

慣れてますので、聞くことは出来ますが、この期に及んで仕事モードに戻ります

何かの話題があると、それをすぐに自分の話題にするだけでなく、それで会話を終わらせる人。

せめて「そっちはどんな感じなの?」と返さないと会話が続きません・・・。

③下ネタ

お酒が入ってくると一気にモード全開の人もいますよね。

困ったものです。

基本的に止めましょう。

接客業をしてますので、露骨に嫌な顔はしないでしょう。

むしろ奢ってもらう立場であれば、会話をするはずです。

しかし、内心冷めます。

聞いてくれるから、ヒートアップしていくと思いますが、反比例して冷めます。

大丈夫な人もいると思いますが、あまり露骨なことは話さないように気を付けましょう。

もしどうしても・・・どうしても、少し聞いてみたい時は、「キャバクラのお客さんとか来るの?」みたいなところから話して、少しだけ探りましょう。

そこで「苦手な人」は下ネタで冷めるでしょうし、大丈夫な人は、その話も乗って来れますから。

そういったところから、探るようにしましょう。

酔った勢いでも、いきなりはNGですよ。

【まとめ】

美容師さんと付き合うことは可能です。

しかし、いきなりは難しいので、何度か通うようにして少しづつ仲良くなり、お店の人とも仲良くなり、常連になり・・・と言うように、まずは自分に慣れてもらうようにしましょう。

また、時間やお金が無いので、なるべく合わせるようにして、飲みに行くにしても、何かしら勉強になるような場所にすると、時間が有意義になり楽しく感じることでしょう。

外見の見た目や、お金持ちかどうかではなく、清潔感と信頼です。

明るく励ましてくれる、一緒に経験を積んでいける関係が良いですね。

美容師は接客業ですので、薄っぺらいとすぐに分りますのでご注意を。

 

今回は「美容師が可愛いと思ったら、どうする・・・?実際に付き合えるのか?」をテーマにして解説していきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

▼おススメ記事▼

・【メンズ】白髪の悩みまとめ!原因や対策もこれを見れば完璧!

・【メンズ】前髪縮毛矯正の頻度はどれくらいがおススメ?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です