【前髪カット】美容室で失敗しない頼み方を伝授!

スポンサーリンク

前髪「ヘアスタイルの印象が7割決まる!」と言われております。

衝動的に、ついつい自分で切って失敗したことがあるのではないでしょうか?

切った後に後悔・・・なんてこともね。

 

今回は「【前髪カット】美容室で失敗しない頼み方を伝授!」をテーマにして、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、美容室での失敗しない前髪の頼み方を紹介してたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

【前髪カット】美容室で失敗しない頼み方を伝授!

前髪カットを頼むときに重要になるのが

①長さ

②幅、奥行き

③量

この3つです。

①長さ

「目ギリギリ」や「眉毛が隠れるくらい」など、そのものの長さになります。

ここでの注意点は「気持ち長めにしておく」ことです。

多くの方が経験あると思いますが、「次の日に上がってしまった・・・」何てことありますよね。

当たり前ですが、髪の毛は長いほど重いわけで、その重さによって落ち着いているのです。

その前髪をカットすると軽くなるので、その時よりも、シャンプーなどをして乾かすと、気持ち上がります。

要は、短くなるのです。

どうせ伸びるから!と言う方は問題ありませんが、少し上がることを念頭に切ってもらいましょう。

②幅、奥行き

次にポイントになるのが、「幅と奥行き」です。

文字通り「幅」は、前髪の横の幅です。

コメカミのところまでバッチリ切り込むと、顔がはっきり見えて、明るく爽やかな印象になります。

しかし、「顔が出る」ので、大きさを気にしている方は、少し狭く取った方が良いでしょう。

 

「奥行き」は生え際から頭頂部に向かってどこまでの範囲で前髪にするかです。

おでこの狭い人は深く取ると前髪の印象が重たくなり暗い印象になります。

またおでこの広い人が、浅く取ると前髪が薄い印象になり、はげてる人のようになります。

基本的におでこの広さと比例する感じの広さ前後が良いです。

この辺りは、長さと違って、おそらく美容師が合わせるものと思いますので、特別何かやりたい前髪がある場合以外は、注文することも無いのかな?

またやりたい前髪などがあるときは、今ですとスクショしておくと良いでしょう。

ちなみにスクショなど、スマホで伝えてくる方は多いですよ。

こちらも分かりやすくて助かります。

最近は、ヘアカタを置かないお店も多いので(ネットの方が沢山出てますからね・・・)、どうしてもこだわりがある場合は、その方が良いでしょう。

③量

最後に「量」です。

最近は「シースルーバング」など薄めの前髪が流行っていますが、この場合は、前髪の量を軽くしているわけではなく、前髪の範囲を狭くして薄い仕上がりにしています。

ここで言う「幅と奥行き」にあたる、前髪として取る範囲を狭くしてます。

「量」と言うのは、前髪を軽くするかどうかの「量」です。

髪の毛の硬い人は、軽くすると前髪が浮きやすくなります。

こういった場合は、毛先の量を調整するのですが、「奥行き」で前髪の全体の量を調整すると良いです。

また、クセが気になる場合は、むやみに軽くするのではなく、重さがあると落ち着くので、この場合も量を減らすよりは「奥行き」で調整しましょう。

基本的に、前髪を極端に軽く梳くことはありません。

男性であれば別ですが、女性の前髪は、毛先の量の調整と「奥行き」で、調整すると上手く行きますよ。

・あまりこだわり過ぎると・・・

ちなみに・・・あまりこだわり過ぎると、少々めんどくさい人に思われます(笑)

前髪に限らずですが、髪の毛はスプレーで固めるわけではなく、風で動いて、湿度で動いて、伸びるものです。

ある程度の要望を伝えた後は、お任せした方が良いですよ。

結局、こだわり過ぎて変になること多いですので・・・。

心の中で「だから言ったじゃん・・・」と思うこともしばしば。

ま、良いけどさ(笑)

▼おススメ記事▼

・前髪パーマでオシャレに変身♡セルフパーマも可能!?

・【セルフカット】前髪編♡

スポンサーリンク

【前髪カットだけで来る人はいるの?】

そもそも「前髪カット」だけで来る人っているの?と思う方もいますよね。

結構います!

今日もいました。

2日に1人くらいはいますよ。

ご安心ください。

・前髪カットはいくらするの?

私のお店ですと、770円です。

おそらく、一般的には770円~1100円のところが多いのではないでしょうか?

ただし、「前髪だからすぐに出来るでしょ?」みたいに、予約していないと美容室の方でも困るでしょうから、どんなメニューだとしても、事前に予約することをおススメします。

予約でなくても1本電話すると良いでしょう。

【まとめ】

前髪のカットのポイントは「長さ」「幅、奥行き」「量」の3つとなります。

普通は「長さ」くらいしか、具体的に伝えるのが難しいと思いますので、もしやりたい前髪があれば、スマホなどで見せるのが一番伝わりやすいと思います。

「幅、奥行き」や「量」は髪質やおでこの広さにもよるので、美容師さんと相談するのが良いでしょう。

また、前髪カットだけでも美容室を利用する方は多いので、遠慮せずに問い合わせてみると良いでしょう。

1000円前後ですので、自分で失敗するよりもおススメです。

 

今回は「【前髪カット】美容室で失敗しない頼み方を伝授!」をテーマに解説していきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

▼おススメ記事▼

・【前髪パーマ】失敗しないために必要なこと!!

・【簡単!】パッツン前髪の切り方♡小顔効果に目力アップ♡

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です