グレイヘアへの移行期間はどれくらい?おススメのヘアスタイルは?

スポンサーリンク

2018年に流行語大賞にノミネートされた「グレイヘア」

元々注目はあったものの、これを機に一気に注目を浴びましたね。

グレイヘアにトライしている方が周りにもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

でも・・・実際にグレイヘアに移行する時ってどうしたら良いのでしょうか。

髪の毛は1ヶ月に1cm程度しか伸びませんからね・・・

1cm伸びると気になっていた白髪・・・。

 

グレイヘアに移行する期間はどれくらいかかるのでしょうか?

その間のおススメヘアはあるのでしょうか?

 

今回は「グレイヘアへの移行期間はどれくらい?おススメのヘアスタイルは?」をテーマに、美容師歴20年以上で、現在もオーナー兼現役美容師の私が分かりやすく、個人的な見解も含めまして解説いたします。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

 

【グレイヘアへの移行期間はどれくらい?おススメのヘアスタイルは?】

具体的な期間に関しては、ヘアスタイルや状態で変わってきます。

素敵なグレイヘアの画像と共にその期間とポイントを解説したいと思います。

 

・期間 3年~4年

ソース画像を表示

前髪にポイントのあるボブベースのグレイヘアです。

非常に素敵ですね。

顔周りに明るい毛(白髪)を使うことによって、顔全体の印象が明るくなります。

顔周りは白髪の多い部分の一つですから、こういった使い方は参考になるのではないでしょうか。

この方が、従来の白髪染めをしていた場合、ここまで来るのに3年はかかっていると思います。

さらに彼女の場合、完全に白髪染めを止めたわけではなく、写真からの印象ですが、他にカラーリングをしていると思もいます。

 

まず、ハイライトを使って顔周りの白髪に馴染ませるところから始まって、ベースをベージュかグレイのカラー剤を使って柔らかく仕上げている印象です。

いずれ、カラーリング自体も止めるのかもしれませんが、このように、従来の隠すような白髪染めを止めるだけで、美容室の回数も減りますし、自分らしいカラーリングが出来るようになります。

また白髪の部分もキレイですので、美容室で淡いカラー剤を乗せているか、自宅でのシャンプー時にムラサキやグレーのシャンプーを使い黄ばみを取り、きれいな白に見せているのかもしれません。

どちらにしても理想のグレイヘアで参考にしたいスタイルですね。

 

ちなみにムラサキシャンプーはグレイヘアには非常に相性の良い商品です。

元々は金髪を白く見せるために作られています。白髪もやや黄ばみがありますので、ムラサキシャンプーを使うことによってキレイな白髪に見せることが出来ます。

気になる方は美容師さんに相談してみてください。

 

・期間  1ヶ月

ソース画像を表示

ほぼ1ヶ月で完成すると思います。

ここまで思いきったヘアスタイルはグレイヘアだからこそよりオシャレです。

非常に素敵です。

こちらの方は白髪率90%ほどでしょうから、ほとんど白髪です。

襟足の方に若干残るくらいではないでしょうか。

 

こちらの方は極々薄くムラサキのカラーをしていると思ます。

かなり薄いので分かりにくいかもしれませんが、理由としては白髪をキレイに見せるためでしょう。白髪は何もしないと黄ばんで見えますからね・・・。ムラサキシャンプーと同じ効果を狙っていると思います。

 

淡くきれいなシャイニー感があると、お肌もキレイに見えます。

その上、黒い洋服でメガネも似合っていてモード感があり非常にオシャレですね。このようにほぼ白髪でも、極々淡い色合いで染めている方も大勢いらっしゃいます。

ここまで思いきったスタイルに出来る方は、きっと元々オシャレでしょうね。

 

・期間  3ヶ月~4ヶ月

ソース画像を表示

4か月ほどで大体完成すると思いますが、前髪の毛先に少し残るでしょうか。

前髪を斜めにし、淡いベージュのカラーリングでオシャレ感を引き立てております。

年代的にショートスタイルが増えてきますが、ショートスタイルは重さのポイントを上に持ってきますので、ヘアスタイルのバランスが良くなります。

また髪の毛の状態も変化してきて、ボリュームやハリコシなどが気になってきますのでショートスタイルはグレイヘア世代にはおススメです。

 

・期間  3年~3年半

 

シンプルなボブですが、最低でも3年はかかると思います。

彼女の場合もベージュのカラーを加えていると思います。

女性の場合はベージュが人気ですね。

わざとらしさもなく、柔らかく見えますからね。

ボブスタイルですので襟足はすぐ地毛になるのですが、表面の長いところを3年の間にどうしていくかがポイントです。

おそらく彼女の場合は初めにブリーチで白髪染めをしていた部分を抜いて、その後にハイライトやローライトを使い、地毛と馴染ませていく方法を取ったのではないでしょうか。

一度馴染んだ後は、それぞれの白髪の分量や生えている場所によって、カラーを楽しむと良いと思います。

彼女のようなケースはおそらく現在もカラーを楽しんでいるのではないでしょうか?全く白髪染めを止めるケースは最近だと実は少なく、自分に合わせたカラーを楽しむケースが多いです。それが個性ですからね。

個人に合わせてオシャレを楽しめると言うことですね。

もちろん、今までのように1ヶ月ですぐ根元を染めなくてはいけないわけではないのでご安心ください。

・期間  4年以上

ソース画像を表示

これくらい長くなると4、5年はかかると思います。

実際にこの方でも分かるように、まだ3分の2くらいですね。

こういったケースで大事になるのが、髪のまとまりとツヤです。

今まで以上に気を付けてください。

おそらく、やや明るめのカラーをした後は、そのままの状態を伸ばしているのではないでしょうか?

そのままを伸ばしていると、どうしてもほおっておいている状態に見えがちです。(写真の方は非常にお綺麗です。)

髪の毛は人の印象の7割を占めると言われております。

7割は大きいですよね・・・。

ですから、まとまりとツヤです。

まず、シャンプーの仕方やトリートメントに気を付けましょう。

・髪質改善とは?シャンプーの方法を変えるだけで効果あり!?

・髪質改善に効果あり?毎日のトリートメントで差がつく方法!

スタイリングがうまくいかない場合は、コテ(アイロン)を上手く活用して下さい。コテを使うとツヤも出やすく、簡単にまとまりもアップします。(やけどには気を付けてくださいね・・・)

スタイリング剤には、トリートメント効果のあるものを使用してください。

最近では、トリートメントワックスやバームと言って、シアバターやミツロウなどを使ったワックスがあり、全身に使える保湿クリームのようなワックスもあります。

グレイヘアへの移行期間で、そのままの状態で伸ばすのでしたらおススメですので、ぜひ美容師さんに聞いてみてください。まとまりとツヤは出やすくなります。

スポンサーリンク

【外国の方は非常に個性的!?】

元々日本人のように黒髪ではないのもあると思います。

背も高くスタイルも良いのかもしれません。

 

ソース画像を表示

でもそれだけでしょうか?

海外の方は非常に自信を持っているように見えます。

人と違う事や、若く見せることに、日本人ほど関心が無いようにも感じます。

ソース画像を表示

そろそろ私たちも人と違うことに自信を持っても良いのではないでしょうか?

「グレイヘア」が流行ったのも、本当はそういった考えが根底にあるからではないでしょうか?

ソース画像を表示

今、私の髪は真っ赤です。

40代ですから、白髪もあります。でも真っ赤です。

グレイヘアではありませんが、皆さんも今よりももう少し自分らしく過ごすのも良いのではないでしょうか。

 

ソース画像を表示

 

(日本の方ですね。素敵な笑顔です。似合っております。)

 

人と違う事を受け入れる、文化の成長が楽しみです。

そして、日本人らしいグレイヘアの楽しみ方が今後増えていくのを、美容師として心から楽しみにしております。

 

【まとめ】

・ベリーショートは数か月以内ですが、ボブスタイルでも2年ほどはかかります。

・その間は、ベージュやグレーなど淡い色合いや、ハイライト、ローライトを使い地毛と馴染ませながら移行します。

・伸びるのを待つ場合は、まとまりとツヤに十分気を付けましょう。

・人と違った個性も楽しめるようになるといいですね。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「グレイヘアへの移行期間はどれくらい?おススメのヘアスタイルは?」をテーマにして、おススメのカラー方法なども紹介してみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です