運動不足は白髪の原因?白髪と運動には関係があるの?

スポンサーリンク

いつまでも若々しくいたいと思うのは人間の性ではないでしょうか?

若々しくいるために、シミやしわ、姿勢や表情も大切ですが、白髪も気になるところです。

白髪予防には運動が関係していると聞いたことはあるけれど実際はどうなのでしょうか?

今回は「運動不足は白髪の原因?白髪と運動には関係があるの?」をテーマに、美容師歴20年以上で、オーナー兼現役美容師としてサロンに立っている私が、自身の経験も踏まえて分かりやすく解説していきたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

 

【運動不足は白髪の原因なのか?】

ソース画像を表示

早速ですが、白髪の原因を見ていきましょう。

・遺伝

・生活環境

・生活習慣

・食生活

この4つになります。

 

ご存じかと思いますが、しっかり入ってましたね。

生活習慣の中には「運動」も含まれております。

しっかり含まれております。

生活習慣とは、飲酒、喫煙、運動、ストレスなど習慣による原因です。

運動不足は白髪の原因なのです。

ハッキリ言われるとうなずくしかないですよね。

 

この「運動」について今回は詳しく見ていきましょう。

(その他、詳しくはこちらもご覧ください。「白髪の原因はストレス?20代、30代、40代で原因は違うのか?」

 

【白髪と運動どのような関係があるの?】

ソース画像を表示

実は育毛剤に含まれている成分には、男性ホルモンを抑制する効果のある成分や、血行促進を促す成分が含まれております。

これは知らなかった方が多いのではないでしょうか?

髪の毛は女性ホルモンの影響が大きいですから、言われてみるとなるほどと思うのですが、実は「運動」にはこれと同じような効果を得ることが出来ると言われております。

 

(ココから少し難しい話!)

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼという酵素と反応して、「ジヒドロテストステロン(以下「DHT」)」になります。このDHTは、薄毛の原因ともいわれております。

 

ちなみにこの5αリダクターゼとは体内に存在する酵素の一つです。


しかしながら実はこのテストステロンが必ずしも「悪者」なのではありません。タンパク質と結合すると、筋肉増強に役立つ物質となるからです。

(ややこしいのですが、この辺がごっちゃになって筋トレすると「ハゲ」になる。などの風のうわさが広まります。そんなことはありませんので、ご安心ください。)

 

つまり、体内にあるタンパク質をテストステロンと結合させれば、DHTの発生が抑制できる上、筋肉をつけることができる、ということなのです。

(男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼの反応を防ぐと言うことですね。)


タンパク質は、筋肉にとって非常に重要です。

プロスポーツ選手は鳥のささ身など食べてますね。

(食事と白髪の関係はこちらをどうぞ「白髪は食べ物で減るのか?ゴマは白髪対策に効果的!?」

 

スポーツをする時に、プロテインドリンクなどを飲む人が多いのはこのためです。運動することによって、DHTの生産を押さえつつ、筋肉をつけることが出来るのです。

(ちなみに私は一度もプロテインを飲んだことはありません。。。運藤はしますが、ランニングによる有酸素運動で、無酸素運動のように筋肉を無理に増やしたいわけではないのですからね。)


さらに、運動によって血行も促進されます。これはもう、誰もが知っていることですよね。筋肉量を増やすということは血行を促進する意味でも非常に有用なのです。


さらに!

適度な運動をしている人はヒト成長ホルモンの分泌が活発だと言われています。

これがすごく大事です!

睡眠中に放出されることの多い成長ホルモンですが、これは運動の時にも作られます。
また、血行を促進させて新陳代謝を活発にすることによって老化を遅らせることができるのも運動の大きなメリットです。

 

簡単な話ですが、身体が老化していけば、白髪は出やすくなります。

運動することはその反対になりますね。

 


運動は、

・DHTの発生を抑制する
・血行を促進させる
・成長ホルモンの分泌効果で、老化を遅らせる

という3つの観点から、白髪の防止に役立つと言われています。もちろん、過度な運動は逆に身体に大きな負担を与えてしまいます。

しかし適度な運動を続けていくことは、白髪の予防において、非常に効果的なのです。

 

ちなみに無理に走らなくても良いです。

むしろ無理に走らないでください。

歩くことから始めてみてはいかがでしょうか?

ヨガや太極拳のようなゆっくりとした呼吸を取り入れたものも良いでしょう。

筋トレでも良いですが、ゆっくり長くやれるものが血行促進にも効果的なのでおススメです。
健康面にも良い影響を与える「運動」、この機会に始めてみてはいかがでしょうか。

ソース画像を表示

先ほどもお伝えしておりますが、私自身ランニングをします。

月間300kmほどです。

毎日ではないですが、一度に10km~20kmの距離を走ります。

私の経験上、これくらいハードな運動をしていると、

 

正直。

やりすぎです。

走りすぎです。笑

 

早く走ることに関してはトレーニングは重要です。

ただし、今回のテーマのように、白髪に対して有効な運動量としては過剰になってしまいます。

過剰な運動は活性酸素に繋がります。

これでは白髪は減りません。

活性酸素は老化に繋がります。

 

人の体は走るために進化し最適化されてきた、と言われています。それは、狩りをして生き抜かねばならない時代があったから。

 

しかし、そんなことを言っても走り過ぎには気を付けましょう。

太陽の下だと紫外線の影響もあるし、汗で水分が大量に出てしまうとしわの原因にもなります。

 

何事やり過ぎは禁物です。

もほどほどが大事。

▼関連記事もどうぞ▼

・薄毛予防は食事が大事!?食生活の改善で抜け毛を減らす!

・アルコールが髪に与える影響とは?薄毛や抜け毛の原因も!?

スポンサーリンク

【まとめ】

運動によって

・DHTの発生を抑制する
・血行を促進させる
・成長ホルモンの分泌効果で、老化を遅らせる

このような効果が見込まれます。

それと、運動のやりすぎ注意。笑

今回は白髪と運動にスポットを当てて、「運動不足は白髪の原因?白髪と運動には関係があるの?」をテーマに解説いたしました。

最後までありがとうございました。

▼関連記事もどうぞ▼

・フケの原因は?対策を知りたい!!

・白髪に悩む20代の男性必見!その原因と対策は?

・グレイヘアへの移行期間はどれくらい?おススメのヘアスタイルは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です