白髪染めトリートメントの効果や口コミは?市販のおススメ商品は何?

スポンサーリンク

だんだんと目立ってきた白髪が気になって美容師さんに相談したりする方も多いと思います。

初めのうちは白髪も少なく、今まで通りたまにカラーリングをすれば目立たなかったものが・・・最近は気づけばもう伸びている・・・。

少し生えては染めての繰り返しでしたが、だんだんとめんどくさくなってきている方も多いのではないでしょうか?

そんな時に雑誌やCMで目にする「白髪用トリートメントカラー」

「自分でやって痛まない?」

「いいことばかり言っているけど、実際はどうなの?」

「本当にキレイに染まるの?」

そう思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「白髪染めトリートメントの効果や口コミ情報と、市販のおススメ商品の紹介」をテーマにして、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が白髪染めトリートメントについて解説していきたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

【白髪染めトリートメントの効果】

ソース画像を表示

効果と言うよりは、知りたいのはちゃんと染まるの?

と言うところですよね。

「染まります!」

「ちゃんと染まります。」

まずこれに関してははっきりと申し上げておきます。

良く「染まらない」と聞くこともありますが(詳しくは口コミで)、手順と時間を守れば染まります。

そもそも1回使ったから染まるものではありません。

あくまでもカラー剤ではありますが、トリートメントカラーですので、3回~5回使って頂いて判断する形となります。

髪が細め~普通の方は、記載の手順通りですし、太い方は量を多めにしたり、時間を長く置いたりしますが、ちゃんと染まりますので大丈夫です。

 

ちなみに、通常のカラー剤だと、当然ダメージとの付き合いがありますが、トリートメントカラーですので、染まりながら髪をツルンと仕上げてくれます。

通常のカラーリングは乾燥と隣り合わせで、パサパサ、ガザガザと言った手触りになることも少なくありません。

トリートメントカラーはそれ自体に、保湿成分やコーティング成分が入っていますので、トリートメントとしての手触りも期待できます。

(あくまでも単品のトリートメント剤ではありませんが。)

 

いままでカラーリングをしてきたようなダメージは一切感じません。

そのあたりの特徴を上手に使って頂くと非常に効果的だと思います。

▼関連記事▼

・白髪が生えてくる時にかゆいのはなぜ?抑えることは出来るの?

・白髪は治るのか?そのコツはあるの?

【白髪染めトリートメントの口コミ】

ソース画像を表示

・良かった口コミ

かなり参考になります。

 

頭皮に悪影響がなく、髪の負担も少なく、安心して、白髪を染めていくカラートリートメントです。

髪の染まりを追求しながら無添加で体に優しい成分にこだわった商品となっているため、頭皮の状態が気になっている方や敏感肌の方も安心して使用することができます。

 

出産してから分け目の白髪が気になるようになったのでお試しさせていただきました。

子供が小さいと思うように美容院にもなかなか行けず、気になった時にお家で手軽にケアできるものを探していました!

数日に1度の頻度で染められ、薬剤を混ぜたりする必要がないのでトリートメント感覚で簡単に使用できます。

使用回数を重ねる度に徐々に染まっていくので違和感のない自然な仕上がりに。

 

ツンとした匂いがあまりないのが嬉しいですね!

ヘアカラー材と違ってダメージをケアする成分がたっぷりと含まれているので別途トリートメントの必要はなく、使う度にうるおいのある艶髪へ。

これがあればお家でも定期的にケアができるのでもっと早くに出会いたかった。

敏感肌の方や肌荒れを起こしやすい方、カラートリートメントでも白髪をしっかりと染めたい方、気になる生え際や分け目の白髪もこまめにケアしたい方、ハリやツヤのある髪を目指したい方、ヘアカラー材の匂いが苦手な方には特にオススメです♡

 

根元のリタッチにこのカラートリートメントを試してみました。
ダークブラウンをいただいたのですが、最初は3日連続で使用とありましたのでそのようにいたしました。1日目は、多少色が入った位で白髪が目立つ感じでした。2日目はかなり染まったようで白髪もあまり気にならなくなりました。3日目はこれがダークブラウンの本来の色!!という染まり具合で、逆に地毛より濃くなりました。全体をカラートリートメントで染めれば問題ないのでしょうが、長さもあるので洋服の色移りも気になったので、その後は、根元のみ2日に1度位使いました。
美容院にいくまでのつなぎにはいいなと思いました。次は一段明るい色を使ってみようと思います。

 

私の場合はお店のものを進めますがダメージはやはりほとんど感じません。

 

・悪かった口コミ

毛染めをやめて初めてのカラートリートメントを購入することになり手ごろな値段なので選びました。
最初全然色が入らなかったので時間を長くしたり(30分位)サウナに20分入って使ったりとしつこいけれど毎日やってみました。
1本使い切りましたが残念ですがダメでした。
ブラウンを使用しましたが今は全体がピンクっぽくなっていると皆に指摘されました。
1000円もったいなかったです。
良いところは 素手で付けてもすぐ洗えば落ちるところとお風呂場が汚れにくい。タオルに着く色が薄いというところでしょうか。
リピはしないと思います。

 

色々使ってきましたがカラートリートメントを使い慣れるのに結構時間がかかりました。
すぐ落ちる、染まりきっていない、たくさん使ったらもったいない…など。

どのカラートリートメントにも言える事は、1回で染めようとせず数回続けて使って髪になじませる事だと思います。

 

香りもよく、乾かした後も滑らかで、トリートメントとしては申し分ありません。

ただ、カラートリートメントとしては満足できませんでした。

私の毛質は太くて直毛、多めでカラーも入りにくく、サロンでも時間が掛かりますし、ホームケアも取説より20分くらい長く塗布します。

シャンプー後5分なんて問題外。せめて10~15分くらいで流すことになりますが、やっぱり駄目でした。

残りもわずかになり、使いきろうと多めに塗布しましたが、期待もむなしく、赤茶けた仕上がりで却って目立つことに。

 

Twitterでも呟かれております。
悪いっていうよりは気づきでもありますが。

あるあるです。

髪の毛の太い方に多く見受けられます。時間の調整で解決できると思います。

▼関連記事▼

・白髪の原因はストレス?20代、30代、40代で原因は違うのか?

・白髪の生える場所に意味はあるの?もしかして病気のサイン?

スポンサーリンク

【白髪染めトリートメントの市販のおススメは?】

美容師歴20年以上あり、現在も現役美容師でもある私が実際に使ってみて、独断でおススメする5つの商品です。

 

迷っているならこれを買っておけば間違いありません。

 

5位  Root Vanish ヘアカラートリートメント白髪染め

 

Root Vanish ヘアカラートリートメント白髪染め150g:(髪・頭皮に優しい無添加22種類の植物エキスを使用) (黒)

 

国内外で大人気のアメリカセレブご用達のカラーリストが監修したという白髪染め向けのヘアカラートリートメントです。現役ヘアカラーリストKAZUMIがという人物が監修するトリートメントで、厳選された22種の天然植物由来成分を配合しているため、髪を傷めずにナチュラルなカラーに染め上げることができる白髪染めトリートメントです。
成分が髪に優しいものですので、頭皮も傷めず、自宅で簡単しっかり白髪染めできます。もちろん、浴室でも気軽に使えます。白髪染めトリートメント独特の臭いもないので、レビューでも評価が高い白髪染めトリートメントでしょう。使い方は、シャンプー後に馴染ませ、洗い流すタイプです。

 

特徴は「臭いの少ないこと。」

基本的にカラートリートメントは通常のカラー剤に比べて臭いが少ないですが、こちらの商品はほとんどありません。

染める時は密閉した場所が多いですからね。

臭いに敏感な方はおススメです。

(ちなみに染まり具合は普通です。)

 

 

4位  レフィーネ

 

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー マロンブラウン 300g

 

白髪と頭皮を同時にケアできる白髪染めトリートメントです。養毛成分と天然アロマエキスで染めながらヘッドスパができます。また、頭皮の環境も整えてくれる働きがあります。ノンシリコンで植物由来の天然染料を配合し、ツヤがある美しい髪に染めてくれます。

また、肌荒れを引き起こす刺激性の高い化学成分を一切使用していません。頭皮や髪を傷めることなく、身体への安全性も配慮しながら優しく染め上げます。

この商品はシャンプー前に髪に塗り、暫く置いてからシャンプーで洗い流す白髪染め髪です。2度3度と使う度に髪が染まっていくのを実感してみて下さい

 

特徴は「ヘッドスパ感覚で使用できる。」です。

トリートメントでヘッドスパが出来るのはありますが、カラートリートメントでは非常に珍しいと思います。

スパの効果をもたらしているのが、ドイツ産の泥パックです。

その泥に含まれる豊富な天然ミネラルが髪や頭皮にうるおいを与えます。

気になる白髪を染めながら、頭皮の泥パックも出来る優れもの。

しかし、その分、色の染まりはやや弱めですので、スパ感覚で時間をおける方にはおススメの商品です。

時間を置ければ染まりますので、ご心配なく。

 

 

3位

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマ ヘアカラートリートメント (ダークブラウン)

 

刺激臭がなく、地肌に髪にも優しく白髪染めトリートメントができます。髪になじませて時間を置くと、染色が密着してトリートメント効果により、ツヤと指どおりがよくなります。

毎日シャンプーしても色落ちが少なく、髪のことを考え厳選した美容保湿成分を配合しており、しっとり艶やかに染め上げます。使い始めは3日間連続使用をして、その後は白髪が気になった時に使用します。毎日使用しても問題ありません。

シャンプー後に髪に馴染ませ3分置いてから、洗い流します。トリートメント効果が高いので、リンスなどは必要ありません。

 

こちらの商品は、染まりが良い!

これに尽きます。

 

髪の太い方、普段染まりの悪い方、短時間で済ませたい方。

これらの方は非常にススメです。

 

ただ、個人的にはシャンプー後にはトリートメントした方が良いと思います。

さらっとでも良いので。

▼関連記事▼

・グレイヘアへの移行期間はどれくらい?おススメのヘアスタイルは?

・運動不足は白髪の原因?白髪と運動には関係があるの?

2位  ルプルプカラートリートメント

 

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント ダークブラウン 200g

 

美容成分が94%も配合された、海洋由来の保湿成分ルプルプWフコダインという成分とうるおいの定番成分、ヒアルロン酸が頭皮と髪にうるおいとツヤを与えてくれます。使用後は、ツヤがある髪に仕上がる白髪染めカラートリートメントです。

植物由来の天然色素をしており、安心して白髪をカラーリングできます。刺激臭もなく、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油などの植物由来のすっきりとした清涼感のある香りに癒されます。
ジアミン系成分・タール系色素不使用ですので、髪を傷めずに安心できるところもポイントです。また、シリコン・合成香料・無鉱物油・ノンパラベン・動物性原料など使用していまないところやアレルギーパッチテストもしているため、安心して使うことができるでしょう。

シャンプー前にも後に使えますので、自分の好きなタイミングで使用することができます。髪全体に塗った後は洗い流します。一番最初に使用する場合は乾燥した髪に塗り、20~30分置くことで、白髪染めトリートメントの効果は上がりやすくなります。

こちらの特徴は「手触りです。」

上位の商品は基本的には染まり具合や、手触りはそれなりに良いと思いますが、個人的にはこれが一番良いです。

しっとりするしツヤも出ます。

乾燥しやすい方、ダメージのある方、膨らみやすい方におススメ。

20分くらいは置きますので、その前提で使ってください。

 

1位  ホーユー ビゲン カラートリートメント

 

ホーユー ビゲン カラートリートメントNBR(ナチュラルブラウン) 180g

やはり、1位はこれです。

ドラッグストアで買える低価格な白髪染めトリートメントです。1度では実感できないこともありますが、安心を優先するなら良いでしょう。

髪や地肌に刺激を与えずに、少しずつ白髪を染めていくカラートリートメントですので、髪が痛みやすいという人にも安心です。ヒアルロン酸や椿油の天然成分で、髪を艶やかでナチュラルな色合いに仕上げてくれます。価格もそれほど高くなく、まさにドラッグストアで買える白髪染めトリートメントの代表格でしょう。

なぜに1位なのか。

「使用後に美容室でカラーしても問題がないので。」

理由はこれですね。

ホーユーは美容室専売商品も出しております。当然、使用後のカラーリングに関しても影響がないように考えて作っております。

やはり現場に立つ以上、この安心が一番ですね。

ただし、ジアミンを使用しておりますので色の安定はありますが、アレルギーを持っている方にはおススメしません。

サロンに行くまでの合間での使用や、アレルギーは無いがダメージを気にしている方の使用をおススメいたします。

 

一口にカラートリートメントと言ってもかなりの種類があります。

自分に合った商品が見つかると良いですね。

▼関連記事▼

・グレイヘアは男性こそ大注目。メンズのグレイヘア、おススメとケア方法。

・白髪に悩む20代の男性必見!その原因と対策は?

スポンサーリンク

【重要】

カラートリートメントと言ってもあくまでもカラー剤が入っております。

HC染料や塩基性染料と言った化学染料です。

本当に髪のことだけ考えて、髪の毛のトリートメントを優先したいとき、優先しなければならないときは、「カラートリートメント」ではなく「トリートメント」をしてください。

 

もう一つ、サロンでのカラーリングと相性の悪いカラートリートメントがあります。簡単で便利ですが、その後サロンでカラーをしたら、変な色になった経験があります。

どうやら家でカラートリートメントをしていたお客さまでした。

あくまでも化学染料同士ですから、染料が髪に残っている場合、結果としてどのような色になるか分かりません。いくら原材料を見ても分かりません。

今回紹介しているのは心配ありませんが、今後どうなるかは分かりません。

カラートリートメントのわりに、染まりが良いものは一応、気を付けた方が無難だと思います。

それ以外は、ダメージもほとんどなく、刺激もなく、便利で使い勝手の良い商品と言えます。

ぜひ使用回数や時間を合わせて上手にご利用ください。

今回は「白髪染めトリートメントの効果や口コミは?市販のおススメ商品は何?」をテーマに解説していきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

▼おススメ記事▼

・黒染めスプレーのやり方とコツを紹介!いざと言う時、焦らない!

・黒染め後にブリーチでムラ!?どうすれば良いの?

・髪の毛を売る方法と値段にビックリ!?売買の条件とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です