【美容室開業♡】SNSを使った集客方法!SNSは行動あるのみ♡

スポンサーリンク

美容室を開業するにあたり、集客は外せないポイントですよね。

最近はフェイスブックやインスタグラムなどの「SNS」を使った集客方法が活性化しております。

そこで今回は「【美容室開業♡】SNSを使った集客方法!SNSは行動あるのみ♡」をテーマにして、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、自身が行ったSNSの使い方を解説していきたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

【美容室開業♡】SNSを使った集客方法!SNSは行動あるのみ♡

SNSと聞くと、「ちょっと苦手だな・・・」とか、「プライベートを知られるのはちょっと・・・」などの声もチラホラ聞こえそうですが、独立開業をするにあたり、集客はそんなに甘いものではありません。

ぜひ独立前の1年。最低でも半年は使って準備をしましょう。

SNSと言っても使うのはこちら↓

フェイスブック、インスタグラム、ツイッター

・LINEオフィシャルアカウント

フェイスブックやインスタグラム、ツイッターは画像を一緒に投稿できるSNSで、LINEはメールのように使っていますよね。

それぞれに特徴がありますので解説していきます。

【フェイスブック】【インスタグラム】【ツイッター】

SNSと言えばこの3つです。

この3つは「画像」+「紹介文」の特徴は同じなので一緒に解説していきます。

全てではなくてもこのうち最低2つは集客の為にやりましょう。

(主な比較)

  フェイスブック インスタグラム ツイッター
主な年代 30代~60代 10代~40代 10代~30代
最大画像枚数 40枚 10枚 4枚
画像処理 × ×
コメント 画像ごとに可能 投稿文のみ 投稿文のみ

フェイスブックが1番1回で多くの画像を投稿することが出来て、さらに画像ごとに解説を詳しく載せることが出来ます。また写真を複数枚載せる場合に画面に一気に4種類までは載りますので、画面をスクロールしなくてもパッと見ることが出来ます。

インスタグラムは投稿する時に画像を修正できるのが特徴で、画像の「色味」「明るさ」「サイズ」などを編集できます。

投稿文をしっかり読むのは世代によって違いますが、若い人ほど画像しか見ません。

それらを踏まえて、どれをやる方が良いか判断すると良いでしょう。

それぞれ別々に投稿の必要はなく、1度の投稿で全てを連動できるので、この3つは無駄なく発信することが出来ます。慣れてきてそれぞれの特徴が分かってきたら、それぞれで発信すれば良いでしょう。

私も3つ全てやっております。

・SNSのメリットは?

①無料

最大のメリットは何といっても「お金がかからないこと」です。

「広告」ではなく、「発信」になりますが、お金がかからないのは独立開業には有難いです。

②出店場所を選ばない

折り込み広告はお店の出店場所によっては効果が薄い場合もありますが、SNSは広範囲に発信できるので、出店場所を選びません。

「町中・繁華街」でも「郊外・住宅地」でもどこでもおススメの集客方法です。

・反対にデメリットはある?

ありません。

指や目が疲れるとか、作業が増えるのようなことはありますが、デメリットと言うようなデメリットはありません。

そんなことよりも集客のために発信しましょう。

【やるべき準備♡】

・友達(フォロワー)を最低500人集める

まずは発信先が無いと意味がありません。

発信先として、それぞれに500人は友達(フォロワー)を集めましょう。

それぞれの友達が同じ人でも構いません。

もちろん出来れば違う人が良いですが、SNSは繋がっている物なので、どうしても友達が被ってきます。最初は同じでも良いです。

また同じだとしても、大体の人は3つどれかのうち2つくらいしか活発に使ってません。ですので全ての友達が同じ人だとしても大丈夫です。

また3つそれぞれに特徴があるので、500人集まった後はフォロワーの広がり方が違ってきますので安心しましょう。とりあえず500人集める努力をしてください。

なんだかんだ言い訳するよりも、まずやってみることが大事です。

・スタイル撮影

30スタイルは確保しておきましょう。

最低でも20スタイルは必要です。

30スタイルの場合、「20スタイルはサロンスタイルメイン」(そのうち10スタイルはカラーリングメイン)、残りの「10スタイルはヘアアレンジ」

このような感じで大丈夫です。

サロンスタイルは、ショート~ボブも半分ほど入れましょう。

1ヶ月に2~3スタイル用意すれば1年で十分準備可能です。

またスタイル撮影をして、ヘアアレンジできる場合はアレンジも撮っておくと問題なく出来るでしょう。

スタイルだけも良いですが、食傷気味になるので、たまには違ったアレンジのようなのがちょうど良いです。

カメラも一眼レフがあれば一番良いですが、無くても今の時代はスマートフォンで十分できますので、とにかくやってみましょう。

ポイントは「撮影場所と明るさを合わせること」

写真に統一感があると、お店の雰囲気も分かりやすくなります。

また、統一感があるだけでメッセージ性も上がるので、上手く見えます。

・おススメ商品画像

これも大事です。

おススメ商品を10くらい用意しましょう。

お店の内装が出来て、商品を搬入したらまずは、おススメの商品を撮影しましょう。

これくらいの段階だとオープンは2週間後に迫ってくるでしょう。

それまでに商品も投稿してお店の大切にしていることを発信しましょう。

オーガニックだとか、頭皮にも安心だとか、キラキラ感とか、そのお店の特徴が商品にも出ますので、スタイルの他にもおススメ商品も忘れずに写真を撮ります。

・その他

その他に「お店の外観」「お店の内観」も5つくらい用意します。

そうすることで、スタイルや商品と合わせて、投稿できる画像が40~50になります。

オープン2週間前くらいから、「毎日1スタイル+お店の情報」で投稿します。

1ヶ月分は投稿可能になります。

その後は反応の良かったスタイルを繰り返したり、新しくお客さまを撮った分を追加で投稿すると良いです。

 

また「ホームページ」「場所の説明」「予約の方法」投稿文に付け加えて誘導することも忘れないように。

実際はホームページを見ればすべて載っていると思いますが、お客さんたちはそんなところまで見ません。

見るのは元々のお客さんか、絶対に来てみたい人だけです。

それ以外の「ちょっと気になる方」も集客をすることが大切なので、「どこにあるの?」「予約方法」は分かりやすいところに載せましょう。

フォロワー数があり、投稿する画像があれば、後は問題なく投稿して集客に集中してください!

▼関連記事▼

・【美容室開業】折り込み広告の集客はターゲットを絞って作る♡

・【美容室開業に向けて】何から考えれば良いのか?

スポンサーリンク

【LINEオフィシャルアカウント】

LINEには2種類あって、通常のLINEとオフィシャルアカウントがあります。

通常のLINEとの違いは、オフィシャルアカウントは「友達に一斉送信が出来る」ことです。

色々とメリットや違いはありますが、とにかく1番は一斉送信です。

友達になっておくと、もちろん1対1の通常のやり取りも出来るし、こちらからお店の情報を一斉送信することも出来ます。

独立する時点で、登録が150人~200人いればかなり良いと思います。

むしろこれくらいの数を登録してもらっていれば、安心して独立できるでしょう。

 

料金タイプがいくつかありますが、無料タイプでも十分に情報を一斉送信できます。

例えば「お店のオープン日」「キャンペーン内容」、「お店の定休日」などは無料タイプでも十分に伝えることが出来ますのでご安心を。

すぐに独立を考えている場合じゃなくても、将来にでも考えている場合はすぐにでも始めた方が良いですよ。

インターネットやSNSの発展で、今からはもっともっと個人の時代が進みます。

普段からお客さんと繋がっていて、予約や髪型の相談をしておけば、いざ独立と言う時にはスムーズに移行できます。

万が一、会社と喧嘩しての独立でも、すでに顧客と繋がっていれば余計な心配もないですからね。

(独立は円満退社が基本ですよ!その努力はしましょう。万が一です。)

フェイスブックやインスタグラムは画像付きで発信するツールとしては良いですが、LINEの方が連絡ツールとしては有効ですし、自然だと思います。

登録はこちら「LINE公式アカウント」

▼関連記事▼

・【美容室開業】開業届や保健所はどうするの?

・【美容室開業】開業資金はどうする? 

【まとめ】

SNSには画像付きで投稿できる「フェイスブック」「インスタグラム」「ツイッター」などがあります。

それぞれに主な年代の違いや特徴があります。慣れるまでは連動して使うことも出来るので、積極的に使うことをおススメします。

またLINEも「公式アカウント」と言ってビジネス用があります。

大きな特徴としては、友達に一斉送信が出来ることです。

そちらを登録し、独立前から髪型の相談のためにお客さまと繋がっておくと、いざと言う時に便利に活躍しますのでおススメです。

 

以上で今回は「【美容室開業♡】SNSを使った集客方法!SNSは行動あるのみ♡」をテーマにして解説していきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【美容室開業】折り込み広告の集客はターゲットを絞って作る♡

【美容室開業に向けて】何から考えれば良いのか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です