梅雨時期にパーマはおススメか?メリット、デメリットはある?

スポンサーリンク

梅雨時期と聞くと、多くの人は「縮毛矯正」や「ストレートパーマ」のようにサラサラにすることを想像する方が多いですよね。

確かに、湿気でボワッとしたり、せっかくブローしたのに気づけば広がったり・・・そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。

しかし、「梅雨時期にパーマ?」と聞くとどうでしょう?

今回は「梅雨時期にパーマはおススメか?メリット、デメリットはある?」をテーマにして、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、現場の状況を踏まえて解説してみたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

縮毛矯正は雨の日でも大丈夫!?かけるとかけないじゃこんなに違う!  | 髪と頭皮と私 (kamito-touhito-watashi.com)

【梅雨時期にパーマはおススメか?】

ズバリ。

梅雨時期のパーマはおススメです。

私はとてもおススメ!

春になると、ヘアスタイルに変化を付ける方が増えるのもありますが、実はこの時期のパーマはストレートにする方と同じくらい多いのです。

クセの強さにもよりますが、多少のくせ毛であればパーマの方が良い場合もあります。

もちろんクセの見極めは大事だし、非常に強いクセの場合は縮毛矯正をおススメしておりますが、パーマで新しい自分が表現できるかもしれませんよ♡

メリット、デメリットを解説してみたいと思います。

【パーマのメリット】

・スタイリングが簡単!

パーマヘアの一番のメリットはスタイリングが簡単なこと

基本的にパーマのスタイリングは、根元からざざっと乾かして、8割ほど全体が乾いたらワックスを揉みこむだけ。

もちろん、全くやったことが無い方の場合、覚えるまで多少の練習は必要になりますが、ショートでもロングでも、基本のやり方は一緒です。

クシを使ってブローすることはほとんどありません。

クセ毛の方でも、足りない部分にパーマを加えていくので、スタイリング方法は同じです。

パーマの上手な乾かし方のコツを紹介!!簡単にふんわり仕上げ! | 髪と頭皮と私 (kamito-touhito-watashi.com)

・ハネてても気にならない

これもメリットですよね(笑)

ストレートだと、左右が対象じゃなとなんだか気になることありませんか?

片方がハネちゃって・・・

これは、よく言われますからね。

パーマスタイルの場合、ハネてても全く気になりません!

ハネてるか、ハネてないか、そもそもそんなことを気にするスタイルではなくなります。

全体が、カールや緩やかなウェーブで動いているのでハネもスタイルの一部となります。

また、パーマがかかっているので、自分でハネさせたり操作もしやすいですしね。

・ヘアスタイルの幅が広がる♡

これは嬉しいですよね♡

パーマをかけてるだけで、ヘアスタイルの幅がぐんと広がります。

特にくせ毛でストレートしていると、もちろん楽なんだけど変化が無い・・・

下手にレイヤー入れても変に薄くなるし、ストレートしてるので馴染むだけで、動きが出るわけでもない・・・

パーマだと、動きは出るし、レイヤー入れたり、ちょっとした変化も楽しめます。

ストレート一辺倒だったヘアスタイルも、パーマの強さ加減、レイヤー加減、長さ加減で幅広く楽しむことが出来ます。

ただし、注意点もありますので、下をご覧ください!

【パーマを落としたい!】市販でも出来る!?パーマの落としの方法! | 髪と頭皮と私 (kamito-touhito-watashi.com)

縮毛矯正にパーマはかけれるの?同時に出来るってホント? | 髪と頭皮と私 (kamito-touhito-watashi.com)

スポンサーリンク

【パーマのデメリットは?】

・縮毛矯正の後にはおススメしない!?

絶対におススメしません・・・

縮毛矯正をしている髪の毛の場合、通常のパーマはおススメできません。

どんなに甘い誘惑を美容師さんに言われても通常のパーマは止めておきましょう。

関連記事:縮毛矯正にパーマはかけれるの?同時に出来るってホント? | 髪と頭皮と私 (kamito-touhito-watashi.com)

縮毛矯正とパーマの相性は非常に悪いです。

もしパーマをやる場合、デジタルパーマにしましょう。

もしくは、バッサリカットしてからパーマをかけるか。

普通のパーマにしてもデジタルパーマにしても、パーマをかけると言うのはダメージを負うことになります。

そもそも縮毛矯正はハイダメージの施術です。

そこにパーマですので、信頼できる美容師さんと十分に相談しましょう。

痛んでしまったら切るしかありません。

もし縮毛矯正をしている場合は、今後もストレートを維持していくのなら無理しない方が良いし、今後はストレートは止めて、パーマにしていこうと思っている場合は、ヘアスタイルの相談と共にしてみましょう。

きっとスタイルの選択肢は広がりますよ。

・寝癖が付く(笑)

ストレートの時よりも絶対に寝癖が付きます(笑)

何せ、曲がるようにかけてるわけで、当たり前ですが寝癖が付きます。

デメリットと言うよりも、朝のスタイリングする時間が必要になります。

それさえ理解できれば問題はありません。

矯正ストレートしていると寝ぐせも付きませんからね。

・手触りが変わる

パーマをかけると手触りが変わります。

髪の内部の繋がりを一度切ってから曲げるので、どうしてもストレートの状態と比べると手触りが落ちます。

ストレートの状態ですでに手触りが悪い人はもっと悪くなります。。。

ダメージ用のシャンプーや、オイルをちゃんと使うようにして、髪の状態を整えてからスタイリングするようにしないと、スタイリングも決まらないので、特にパーマの場合は気を付けてください。

スポンサーリンク

【まとめ】

梅雨時期のパーマは非常におススメです。

ストレートだけよりも、スタイルの幅がかなり広がるので、多くのヘアスタイルを楽しむことが出来るでしょう。

しかし、縮毛矯正後にはパーマは向いてないので、美容師さんとよく相談することが大切です。

せっかくパーマをかけるのだから、十分に髪の状態には気を付けて、素敵なヘアスタイルを楽しめることを祈っております。

今回は「梅雨時期にパーマはおススメか?メリット、デメリットはある?」をテーマに解説してみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

▼おススメ記事▼

パーマ後のシャンプーはいつからがおススメ? | 髪と頭皮と私 (kamito-touhito-watashi.com)

【パーマ予約】当日でもデジタルパーマに変更できる!? | 髪と頭皮と私 (kamito-touhito-watashi.com)

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です