【美容室開業】技術力と顧客数はどれくらい?

美容室の独立開業は、美容師にとって人生の一大決心です。

その決心の背中を支えてくれるのが、「技術力」「顧客数、売り上げ」ですよね。

独立の目安はどれくらいなのでしょうか?

 

今回は、独立に悩んでいる皆さんに、「【美容室開業】技術力と顧客数はどれくらい?」をテーマにして、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、シンプルに分かりやすくズバッと解説していきたいと思います。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

【美容室開業】技術力と顧客はどれくらい?

美容師をしていると、独立に悩む年齢ってありますよね。

30歳~35歳くらいが、一番の悩みどころ。

続けようか?独立しようか?どっちにしても、自分に自信が無いと基準も作れません。

しかし、年齢は刻一刻と迫ってきます。

今から紹介するのは、独立をした私なりの基準ですので、ぜひ参考にして貰えれば嬉しいです。

ちなみに、人口は30万人の地方都市です。独立時は35歳。

小規模店舗での独立開業です。

【技術力はどれくらい?】

カット、パーマ、カラー、セットが出来れば大丈夫です。

だから、「どれくらいできれば良いのか知りたいの!」と言われそうなものですが、独立を考えている美容師は、スタイリストになってから5年以上は経っているでしょう。

もしくは10年以上経っているかもしれません。

それくらいの経験年数があれば問題ありません!

もちろん、会社から認められて何か職を与えられているなら自信が持てるでしょう。

周りの同僚から「あいつは上手いよね」とか「センスがある」など認められていれば迷うことも無いかも知れません。

しかし、大切なのは「出来ることは何かを知っていること」「出来ないことは何かを知っていること」です。

 

ある程度の経験年数があれば、特殊な技術じゃない限り大体のことは出来ます。

成功することも、失敗することもあるでしょう。

技術は年々進化するものです。

しっかり出来ることと出来ないことを、客観的に見れるなら独立OKです。

私は背中を押しますよ。

独立しても、講習には行くし、練習もします。

その後も上手くなりますので心配せずに。

スタイリストになりたての人は、最低でも5年は経験を積みましょう。

関連記事:【美容室開業に向けて】何から考えれば良いのか?

スポンサーリンク

【売り上げは?】

目安は100万円です。

もちろん技術売り上げだけで達成そていれば良いですが、店販(物販)も合わせて100万円いっているのであれば大丈夫です。

100万円売り上げれるなら、一人で始めた場合でも、最低60万円は売り上げることが出来るでしょう。

アシスタントがいませんから、一人で捌けるのは初めはこれくらいでしょう。

それくらいはお客さんも付いてきてくれるでしょうし、新規のお客さんも多少は来ます。

しかし!びっちり埋まるほどそんなに都合良く、お客さんは来てくれませんから初めはこんな感じだと思ってください。

家賃や経費、借入金の返済などで40万円ほどになったとしても、20万円は残ります。

一人でのスタートはこんなもんだと思った方が良いです。

ここからコツコツ積み重ねていくものです。

 

もちろん初めからアシスタントが見つかるならそれでも良いですが、都合よく見つかるわけでもありません。

見つかった場合、見つからなかった場合も踏まえて、支払い分と売り上げを考えておく必要があります。

ですので、売り上げの目安は100万円。

これが出来て入れば、独立しても何とかやっていけます。

関連記事:【美容室開業】開業資金はどうする?

【客数は?】

目安は120人です。

客単価が8000円ほどの計算です。

単価によりますが、大体客数と売り上げは比例しますので、100万円売り上げるのに100人でやるか、150人でやるかの違いです。

平均すると120人前後の客数がいれば大丈夫です。

独立後の客数も、このうち「6割来てもらえれば大丈夫!」

6割で何とかなる状態が望ましいと思います。

 

6割だと少ない、もっと来るでしょ?・・・と思うかもしれませんが、残りは新規集客で考えましょう。

反対に8割来ると思って考えている方が危ないです。。。

6割以上来てもらえればもちろん良いですが、最低でも6割は来るでしょう。

そうすると客単価によりますが、客数は120人前後が目安だと思ってください。

関連記事:【美容室開業】集客方法は?オープン前から始まっている!?

スポンサーリンク

【しかし!大切なのは!】

売り上げ100万円。

客数120人。

これをクリアしていれば、ひとまず独立しても大丈夫です。

しかし、大切なのは「美容師が好きかどうか?」です。

 

もちろん、会社員で100万円くらいの売り上げでしたら、独立して一人で80万円やった方が実入りは多いでしょう。

しかし、金勘定で独立した場合、直ぐにダメになります。

おそらく3年で下降線。

とうとう5年でダメになるでしょう。

ちょっとの小銭を稼いでいい気になって遊んで、旅行して・・・バカみたい。

・ちょっと稼いだら、勉強に費やす。

・ちょっと稼いだら、店内のサービスを良くする。

・ちょっと稼いだら、広告を増やす。

・ちょっと稼いだら・・・

と言うように、自分が使うのではなく、自分のために費やして、更に売り上げを増やす努力をしてから、ちょっとだけ遊ぶ。

これくらいじゃないとすぐにダメになります。

「もっと上手くなりたい」「もっとリラックスしてほしい」「もっと沢山の人に知って欲しい」

大切なのは「美容師が好きなこと」です。

【まとめ】

独立の目安は「売り上げ100万円」「客数120人」出来ていることが一つの基準となります。

これくらいできていると言うことは、技術力も接客も出来ていることになります。

また、これくらいの売り上げがあれば、仮に一人での独立になったとしても、支払と給料が確保できるでしょう。

しかし、独立自体を「お金」で決めているようでは将来が見えません。

人生の一大決心「独立開業」です。

お金ではなく、志を高く持って、自分が遊ぶのではなく、まずは上手くなることに費やしてくださいね。。そうすればきっと将来が明るくなると思います。

 

今回は「【美容室開業】技術力と顧客数はどれくらい?」をテーマにして、解説していきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

▼関連記事▼

・【美容室開業♡】SNSを使った集客方法!SNSは行動あるのみ♡

・【美容室開業】開業届や保健所はどうするの?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です